2018年02月10日

車検時に必要な書類って???意外に忘れがちな排気ガス検査証、必要書類をまとめてみました。

こんにちは。

週末の土曜日、車検の入庫や
整備の引き渡し、タイヤ交換などで
一日賑わっている今日の店内。
いつもありがとうございます。

IMG_7094[1].JPG

店長のユウスケです。

車検のときに必要な書類について

新車は3年目、それ以降2年ごとにやってくる
車検。ご入庫ありがとうございます。
車検のときに必要な書類、よく聞かれます。
車検証
自賠責証券
納税証明書(領収書はNGです!)
排気ガス検査証(マフラを交換している車両)
の4点が必要です。

年々厳しきくなる排気ガス規制、
車検証の型式に「BC-」「EBL-」「JBK-」「2BL-」の記載が
あるモデルは排気ガス規制対象車です。

IMG_7121[1].JPG

このモデルのマフラを社外マフラに交換した際には
マフラに添付されている排気ガス検査証明書を
車検時に提示しなくてはいけません。
もし紛失された場合には有料で再発行もできます。
触媒がないと車検に合格できないわけです。
マフラに適合のプレートなんかがついていますが、
車検はプレートだけでは合格できませんので
あらかじめご了承くださいね。

IMG_7120[1].JPG

そして納税証明書。有効期限が記載されていて
車検用、と書いてあるものをご用意ください。
領収書だと車検を受検できません。

IMG_7122[1].JPG

良く勘違いされる必要な書類、
2年に一度なので忘れがちですが、
マフラを交換した時の排気ガス検査証や
春に収める軽自動車税の納税証明書は
車検証入れの中へ保管しておくといいですよ〜!

今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 12:49| バイクについての投稿

2018年02月09日

僕が初心者の方へ新車をおススメする5つの理由についてブログにしてみました♪

こんにちは。

今まで「重い」っていうような
理由で400ccを諦めていた
バイク女子のあなたにおススメ、
Ninja400です。250ccクラスと
比べると圧倒的なパワー感で
バイクを楽しめますよ〜!!

IMG_7119[1].JPG

店長のユウスケです。

免許を取得したばかりの初心者の方へは
新車をおススメしています!

初心者の方が中古車を購入したいと
思う理由の1番多いのが、
「最初はどうせ転ばしちゃうでしょ」
っていう理由なんです。
圧倒的に多いご意見の中でも、僕は
あえて新車をおススメしています。
その5つの理由について・・・。

【1.壊れちゃった時に修理で使う部品は新品】
転ばせちゃって修理するときには
バイクには中古部品の流通が確立していないので
使う部品は新品なんです。
どのみち新品部品を使って修理するんだったら
新車の方がいいですよね〜。

【2.万一の不具合も保証で修理】
そして、新車にはメーカー保証が2年間
ついてます。だから万一の故障でも
無料で修理できる。

【3.壊れるリスクが低い】
もうひとつ、ツーリングの途中で壊れる
リスクが中古車と比べて圧倒的に低い。
全てが新品で組んであるわけですから、
タイヤとかパッドとかバッテリとかワイヤー
こんな消耗品のトラブルの心配がありません。

【4.ステップアップしやすい】
3年位乗って次のバイクへステップアップしたい、
そんなとき、中古車と新車では査定も大幅に
違ってきます。
結局3年乗って下取りへ出すこと考えると
3年間の支払い総額って実はあまり変わらないんです。
価格的にもお得でしょっ♪

【5.やっぱり新しいバイクは乗りやすい】
最新のバイクは初心者の方へも配慮して
とっても扱いやすい。
この扱いやすさがバイクライフを永く楽しめる
重大な要素になるんですね。

と僕の主観的な新車をおススメするブログでした!
posted by カワサキショップ山梨 at 20:11| バイクについての投稿

2018年02月08日

バイクのタイヤのパンクはなぜ後ろタイヤが多いのか??今日はこのなぞに迫っちゃいます!!

こんにちは。

今年の2月は雪が少ない影響か、
バイク楽しんでる方多いですね。
ありがとうございます。
今日も点検整備作業から納車まで
楽しくお仕事させてもらっています。

IMG_7103[1].JPG

店長のユウスケです。

バイクのタイヤのパンクはなぜ後ろタイヤが
多いのか??今日はこのなぞに迫っちゃいます!!
(って大げさでした 笑)

釘やガラスの破片などが刺さってパンクして
しまうバイクのタイヤ。
まず、こうした釘やガラスの破片はたいてい
道路の左端に存在します。←ここ重要!
道路は水はけを良くするために中央から左側に
むけて少しだけ傾斜しています。

panku1.jpg

釘などのパンクさせる異物は車のタイヤで
はじかれて左端に落ちているんです。
これを左側を走っているバイクが見事に拾い
タイヤに刺さるというメカニズム。
要はあまり左側に寄らずに走行すること、
すり抜けは極力しないようにすることで
パンクはある程度予防できますよ〜♪

IMG_7106[1].JPG

いやいや、なんで後ろタイヤなの??
ってまだこれから書いていきますよ〜!!

まず落ちている釘を前輪ではじいちゃいます。
それもバイクの後輪の方へ!
はじかれた釘や破片なんかが刺さりやすい角度に
なってから後ろタイヤがその破片を通過するときに
バッチリ踏みつけて、いい感じにまっすぐ
刺さってしまう、こうして後ろのタイヤが
パンクするんですね〜!
だからパンク修理は決まって後ろタイヤ。
「割とゆっくり目に左側すり抜けしてきました??」
ってパンクのお客様に尋ねるとたいていは、
「えっ!どうしてわかるんですか??」と
驚かれることが多いんですよ。

IMG_7107[1].JPG

僕が覚えている刺さっているもので一番驚いたのが
10mmのスパナ。
こんなやつが見事にタイヤに刺さっているものを
見たことがあります。かなり驚きました!!
もちろん、修理はできないのでタイヤ交換でしたが。
今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 10:51| バイクについての投稿