2018年08月24日

「自動車整備士」の資格って(^O^)/

こんにちは。

台風の影響で昨夜の雨はすごかったですね。
中々夜眠れませんでした・・・。
お昼頃からようやく晴れ間が見えるように
なってきて、明日はいよいよ週末です。
またまたにぎやかな2日間になるのかな(^O^)/

IMG_1296[1].JPG

店長のユウスケです。

自動車整備士資格を取得したい!!

自動車整備士には大きく分けて
1級、2級、3級とあります。
通常、整備工場等でお仕事するのに
必要なのは2級自動車整備士です。
2級自動車整備士は3級を取得してから
実務経験を一定年数経て受検することが
できます。

僕のお店の場合。
たとえば自動車整備士資格を持っていないで
メカニックとして働くとしましょう。
まず1年間お店でサービス業務に携わって
もらって実務経験を一年やってもらいます。
そして、国土交通省指定の整備士養成施設に
なっている自動車整備振興会で講習を半年間
受講します。学科試験(認定試験)を
合格して晴れて3級整備士資格取得です。
その後、3年実務経験後、3級と同じように
自動車整備振興会で講習を受講して、
学科試験(認定試験)に合格すれば
2級自動車整備士になれるという流れです。

自動車整備士資格で整備事業が出来るのか?

IMG_1297[1].JPG

整備事業を行う場合には、整備工場が
国の認証を受けなくてはなりません。
この国の認証を受けている工場を
「認証工場」って言います。
認証を受けるのには2級整備士がいることが
必要条件になっています。

つまり、
整備士資格だけでは、整備事業はできません。
認証工場に整備士が必要、という事です!

2級自動車整備士には、ガソリンエンジン、
ディーゼルエンジン、二輪と種類がありますが
業務を遂行する上でこの種類は関係ないんです。
だから実を言うと僕もガソリンエンジンの整備士
資格で、二輪の整備士資格は持ってないんですよ!
と今日は整備資格についてのブログでした!
posted by カワサキショップ山梨 at 18:19| お店のことについての投稿

2018年08月22日

自分のバイクを選ぶまで!とにかくお話してみましょう(^O^)/

こんにちは。

今日からお仕事スタート!
スミマセン、あまりの疲労に
昨日までブログさぼっちゃいました。
ホントゴメンナサイ。

IMG_1255[1].JPG

店長のユウスケです。

自分のバイクを選ぶまで!

いざバイクを買おう!って決めても
中々どれを買うのか決まらない、
迷ってしまう。
たとえば新車にするのか、中古車にするのか、
250CCがいいのか、400CCクラスが
いいのか、もうそろそろ年齢も年齢だし、
こんな派手な色でも似合うのかとか。
これらの悩みを一つ一つ解決して
最終的にどんなバイクに乗るのかを決めるのは
時間が掛かることですよね。
だけどこの選んでいるまでの時間も
楽しみの一つ。思う存分悩んで下さいね〜(^O^)/

新車がいいのか中古車がいいのか!
最初は転ばしてしまうから中古車、っていう意見が
最も多いです。
だけどね、中古車も転ばしてしまったら修理に必要な
部品は新品を使うのであまりこの理由は当てはまらない
ように感じます。
むしろ、安心してツーリングを楽しむのであれば
断然新車です。
お店の中古車もこれなら、っていうバイクを店頭に
並べるようにしています。

年齢を気にしていませんか!
今は昔に比べてみなさんどんどん若くなってます。
定年退職をしてからバイクを買って楽しむなんて
いうのも、もはや当たり前。
特にカラーリング。こんな派手なのは・・・、
年齢と派手さは関係ないと思ってます。
バイクは生活必需品ではありません。
趣味趣向性の高い、余暇の時間を楽しむための
ツールの一つ。だから自分が楽しめるカラーリングが
一番です。って言いながら、「ゴメンナサイ、こちらの
カラーはもう完売なんです」っていうことも
多いのでそこは先に謝っておきます(笑。

ということで、色々悩んじゃうことも多いかと
思いますが、まあ、そこはたくさんお話して
解決していきましょう!できる限りお時間つくる
ように心がけてますのでお気軽にどうぞ!
posted by カワサキショップ山梨 at 18:53| お店のことについての投稿

2018年08月17日

「エンジンがつく」という表現(^O^)/

こんにちは。

まだお盆休みのところもあるし、
お仕事始まっている方もいらっしゃるでしょうか。
今朝方、法務局や役所を回ってきたのですが
駐車場も道路もまだ空いていてスムーズに
お仕事出来ました!

IMG_1192[1].JPG

店長のユウスケです。

「エンジンが掛(か)かる」という表現

「掛かる」…装置が作動して機能を発揮しだす
という意味も表現されていました。
つまり、エンジンが始動して作動できる状態に
なることを「エンジンが掛かる」といってます。
だから、ずーーーっとそういういい方をするものだと
思い込んでいました。

IMG_1194[1].JPG

ところが、3年位前のある日、こんなお問い合わせを
いただきました。
「僕のバイク、エンジンがつかないんですけど」
正直戸惑いました・・・(笑
僕は思わず電話口で「何のバイクのエンジンを
下ろしたんですか?」「マウントの場所がお分かりに
ならないっていうことでしょうか?」
と返答。すっかり、エンジンを下ろしてみたものの
元に組み立てなおすのに苦労しているものだと
解釈。当然会話は成立しません。

色々とお聞きしているうちに
エンジンがつく=エンジンが掛かる
といいう事に気づき、ようやく会話が成立。
その時初めて覚えたわけです。
そして、その後の二輪業界の会議の中でも
「エンジンがつく」っていう表現が
話題になったのを覚えています(笑

世代世代で新しい表現が出てくるのは時代の
常ですが、こうして僕も歳をとっていくんだな、
しみじみ感じた瞬間でした。
posted by カワサキショップ山梨 at 18:16| お店のことについての投稿