2018年10月15日

ワーグナー「エルザの大聖堂への行列」#店長の音楽談義

こんにちは。
今日月曜日は定休日でお休みです。
1週間あっという間ですけど、
身体の疲れをひしひしと感じる
今日この頃(笑
ゆっくり休養します!

IMG_1069[1].JPG

管弦楽の楽曲を吹奏楽で演奏する。
そもそも吹奏楽の歴史をたどれば
軍隊の行進曲の演奏やスクールバンドが
その起源。
管弦楽の楽曲をアレンジして吹奏楽で
演奏することはどうしても貧弱に聞こえて
しまう、っていうこともあるでしょう。

スクールバンドとして、音楽教育の一環で
結成された吹奏楽は、音楽への理解を
深めるという意味においては非常に意義がある
ことだと思うんです。だから、管弦楽の楽曲に
触れるきっかけとしてこうしたアレンジされた
楽曲を演奏することはとってもいいことだな、
なんて思います。その楽曲の作られた背景や
意図するものも勉強するしね!

僕たちがスクールバンドで活動していたころ
流行ったのがワーグナー作曲の歌劇「ローエングリン」
の中の楽曲「エルザの大聖堂への行列」。
編曲したのは、フランス出身でアメリカで活躍した
ルシアン・カイエ。クラリネット奏者で
フィラデルフィア管弦楽団のアレンジャーとしても
活躍した凄腕の音楽家。

https://www.youtube.com/watch?v=EU7xohtrMmg
※シエナウインドオーケストラの動画です!やっぱ最高(^O^)/

ローエングリンとの結婚式のため礼拝堂へ
礼拝堂へ向かうエルザの行列が進んでいく場面で
演奏される曲がこの「エルザの大聖堂への行列」です。

吹奏楽にアレンジされたこの楽曲は、フルートの美しい
メロディーに始まって、オーボエのきれいなソロの
メロディーがあって、それはもう厳かな雰囲気を
存分に表現しながら進行していきます。
原曲は、ハープと合唱が入ってきますが、この部分を
金管楽器でソフトな感じで演奏されます。
ワーグナーといえば、堂々とした壮大なメロディーを
奏でるのも特徴のひとつ。この楽曲も
ホルンを中心に、この壮大さが徐々に増していき
気持ちが高ぶっていきます。
クライマックスを迎える荘厳なブラスバンドの響きは
それはもう病みつき。一度聴いたら、ずーーっと、
頭にその響きが残って忘れられなくなってしまう!!

色々と書いちゃいましたがオペラは恥ずかしながら
まだ見たこともなく、だけどこの曲を聴くと
礼拝堂の堂々とした姿を想像できるっていうのが
何ともスゴイ曲だと思うわけでして。
ホント、この曲は大好きな楽曲の一つです!
今日の音楽談義でした!

posted by カワサキショップ山梨 at 07:00| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿

2018年10月14日

せっかくバイク屋さんやってんだから、楽しまないとね(^O^)/

こんにちは。
今日は地区の運動会の予定だったのですが
朝6時の時点でかなりの雨が降っていたため
中止となりました。
思い返すと、数々のイベントが雨で中止に
なったり、ツーリングに行くときにも
常に合羽を携帯したり、もしかして、僕が
雨男なのか?????(笑
きっと犯人は僕・・・(-_-;)

IMG_1991[1].JPG

店長のユウスケです。

バイク屋さんは、趣味趣向性の高いバイクを
扱うお店。生活必需品と違って生活に無くても
大丈夫なことが多いのが特徴。
だから基本的に、楽しくて、バイクに乗る趣味
を持つことで人生がより豊かになることを
お手伝いするのが仕事になるわけで。

そうすると仕事をしている僕たちも
仕事を楽しんでやらなきゃ意味が無い。
整備の仕事っていうのはいわば職人仕事。
いくらマニュアルがあったって、工具の動かし方、
使い方、ボルトの締め加減、いろんな技が必要だし
周囲をしっかり観察できる気遣いだって必要。
だから、楽しむとはいうものの、こういう技や
気配りを覚えるのは努力が必要だっていうこと。
そうやって自分のスキルが上がってくれば、
仕事そのものも楽しくなる。たとえば、
これだけ調子の悪かったバイクがすこぶる
機嫌がよくなったとか、って感じで達成感を
得られるのも整備の仕事の醍醐味。
そしてその向こう側には、お客様が
喜んで下さっている姿があって、ここで初めて
“バイクが好き”っていう事を共感できる。

それだけやりがいがある仕事、言いかえれば
それだけ苦労も多いし、だからその分楽しさも
たくさんあるわけなんですよね。

IMG_6045[1].JPG

多分どんな仕事もそうだと思うんだけど
自分に合っているかそうでないのかなんて言うのは
実のところよくわからないです。
僕も前職はスーパーの食品売り場の店員。
合っていたのかと言われたらよくわからないけど
毎日楽しくてしょうがなかった。
退職して20年以上たった今でも夢に出てくる
くらいに(笑
全く分野の違う今の仕事は、っていえば
最初の5年くらいはホント向いてないな、
とにかく何も知らないわけだから覚えることが
多すぎちゃって苦労しました。何しろ出来が
よくない僕なので。
今はどうかっていえば、仕事は楽しんでますよ。
何しろ朝から晩まで休みもないけど、苦痛じゃない
っていうのがその証拠!
最近になってよく思うんですけど、視点を変えて
あげると「楽しむ」ってことが出来るんじゃないかな。
「書く」ってことが苦手だったら、思いっきり
カッコいい筆記具なんかを買ってみる、そうすると
それを使いたくなるので結果「書く」ってことが
楽しくなったりする、みたいにね。

そうはいってもつらいときだってもちろんあります。
仕事だからね。
時間が解決してくれることもたくさんあります。
だって、「昔はよかったよな〜」必ず口にする
このセリフ。イヤイヤ当時だって絶対に辛かったり
イヤだったりしたはずなのに、こういうセリフが
出るってことは時間が解決してれているってこと。
そして、何もかも忘れて没頭できる好きなことを
やってみる、僕はマンガ読んだり、吹奏楽曲を
聴いてみたり、なんてことしてますけど。

ここ数日こんなことをモヤモヤ考えていたんですが
ブログに書いたらスッキリしました。
お付き合い下さってありがとうございました!
明日は定休日でお休みします!(^^)!
posted by カワサキショップ山梨 at 14:48| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿

2018年10月08日

「個性」は磨いてけば調和するのかな!#店長の音楽談義

こんにちは。
今日は月曜日、定休日でお休みしています。
ウルトラモーターフェスティバルには
出展してますよ~(^O^)/
新人の望月君に頑張ってもらっています。
お見かけしたら声掛けてあげて下さいね。
よろしくお願いします。

IMG_1805[2].JPG

店長のユウスケです。

月曜日といえば、#店長の音楽談義。
今日も懲りずに自分の書きたいこと書いちゃって
ます(笑

同じバイクへ乗っても、自分のバイクと
人のバイクでは、乗り味が違うっていうか
しっくりくるとか、来ないとか、やっぱどことなく
違いますよね。同じバイクなのに・・・。
楽器もひとつかまの飯を食べてやっている仲間の
奏でる音は、同じトランペットでもそれぞれみんな
音に違いがあって、音を聴くだけで誰が吹いているのか
分かってしまうもの。
苦楽を共に頑張っている仲間だから、誰の音なのかが
分かるんですけどね。
誰一人同じ音を出す人っていないわけで、それぞれに
強烈な個性を持っているんです。
そんなに同じ楽器で音が違うものかな、って思われる
かもしれないけど、一流芸能人みたいなテレビ番組で
高いバイオリンと安価なバイオリンを弾き比べて
どちらが高価なものかを当てる番組、アレを見ていて
どちらが高価なものかが分からなくても、違うって
言うのは結構分かったりしませんか?
音の違いについてはこれくらいにしておいて。

ここからが本題なんですが(長いな・・・すみません)
吹奏楽は、30人から50人くらいで演奏します。
この個性が違う50人が集まって合奏すると
それぞれの音が調和して、ひとつの楽曲を表現できる
っていうのが僕はいつもすごいことだな、って思ってます。

人と違うっていうのは「個性」であって素晴らしい、
「世界に一つだけの花」の歌詞にもあるみたいに。
だから、人と違う事に劣等感なんか感じる必要は
無いわけで、むしろ「個性」を大切にした方が
いいと思ってます。

IMG_1803[1].JPG
※メチャメチャ個性的なKAZU兄さん

多分僕が思うのに、「個性」ってしっかり磨いてあげると
社会や他人とのかかわりの中で調和できるんじゃ
ないのかな、最近そんなことを考えています。
「個性的」っていうのと「協調性」は相反する
ように今まで思ってました。だけどそうではなくて
「調和」出来ないんだとしたらたぶん「個性」に
磨きが足りない、楽器でいえば練習が足りない、
そんな風に思ったりすることがあって、そうだ
忘れないうちにブログに書いておこう、って思った
今日この頃。

IMG_E1752[1].JPG
※身延山久遠寺の日蓮聖人の御廟所

よくいろんな人から僕は「変わり者だね」って
言われるけど、まだまだ磨きが足りないな、
反省している今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 09:49| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿