2019年10月28日

意外と知られていない「ホルン」の音の魅力をお伝えしたい #店長の音楽談義

こんにちは。
今日は定休日でお休みです!
CO・HCテスタ、トルクレンチに
エアゲージの校正に来ています(^^♪
年に一度の工具の定期健診、
今年もバッチリ済ませてきました。

IMG_7703[1].JPG

店長のユウスケです。

動物の角で作られて、
馬に乗りながら狩猟の時の
信号に音を出せるように、
これがホルンの始まり。
16世紀中ごろまでこんな風にホルンは
使われていたそうです。
勇敢な感じでカッコいいですね。

19世紀ごろまでには、管を巻いて
肩にかけられるようなスタイルになって
マースピースが取り付けられたナチュラルホルンが
できたそうです。

horn2.jpeg
Music Lesson Lab さんのサイトから

19世紀末から現在のようなホルンが開発され
音階が演奏できるようなスタイルになりました。

重量も割と重く、
体力を使います。行進曲では後打ちといって
実に目立たない主旋律を盛り上げるための
演奏であったり、吹奏楽の世界では地味な印象に
なりがちのホルン。
せっかくの主旋律や美しい裏旋律を演奏しても
なじみのないホルンは、見ている人から
どの楽器が演奏しているのかさえ知られないことも。

horn.jpg

実は中音域で、柔らかく堂々としたその音質は
オーケストラになると表に出てくる場面が
実に多い楽器です。

モーツァルトのホルン協奏曲第1番、
聴いたことあるメロディーかもしれませんよ〜!!



こんな美しい響きを演奏するホルンを
知ってもらいたい今日のブログでした!
posted by カワサキショップ山梨 at 15:12| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿

2019年10月07日

ホルンのカッコよさが際立つ「エルカミーノレアル」(^。^)

こんばんは。
今日は定休日でお休みいただいて
おりました。

店長のユウスケです。

吹奏楽会の巨匠と呼ばれているアルフレッド・リード。
吹奏楽コンクールや定期演奏会でリードの名曲を
演奏した思い出は吹奏楽部経験者なら誰でも
あるのでは。

トランペットからちょっとした事情でホルンへ
パート替えした僕の思い出の曲が
『エル・カミーノ・レアル』、通称「エルカミ」です。

ジョージア州ロビンズ空軍基地にある第581空軍軍楽隊から
委嘱を受けて、リードはこの曲を作曲しました。
「エル・カミーノ・レアル」はスペイン語で
「王の道」という意味なんだそうです。

かつてメキシコから来た修道士たちが布教進出で通った道が、
一般的に「エル・カミーノ・レアル」と呼ばれているそうです。
ウィキペディアで調べました(笑

その街道からのインスピレーションで作曲されたと言われています。

1984年に作曲され、翌1985年に空軍基地で行われたコンサート
で初演されました。

3拍子で刻まれる速いリズムと情熱的な曲調が特徴的で、
とにかくアップテンポでメロディーがかっこいい!

その序盤にホルンのユニゾンがありまして、
この旋律を演奏できる自分に酔いしれてしまうほど
かっこいいんです。王様が乗っている馬のひづめを
喚起させるような躍動感。

表現するという楽しさを経験できた
青春時代に感謝です。
是非一度聴いてみてください!!

posted by カワサキショップ山梨 at 20:43| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿

2019年09月12日

いただいた月見団子で想い返した不思議なご縁(^^♪

こんばんは。
旧暦の8月15日当たる日が
十五夜。今の暦で見ると
9月頭から10月頭までで
満月が出る日としているので
ちょうど明日が十五夜ですね。

MQKT2768[1].JPEG

店長のユウスケです。

今日お昼の時間に月見団子を持って
来てくれたHさん。

今は山梨県オートバイ事業協同組合で
僕が理事長を務め、彼が専務理事という役職で
一緒に二輪業界を盛り上げていこう、と
活動をしています。
Hさんは、僕のお店の近所で車の磨きや
フィルムを施工したりと車をきれいにする
お仕事をする傍ら、バイクも取り扱って
いるんです。

20数年前、スーパーマーケットに務めている頃、
Hさんは取引先の和菓子屋さんでした。
月見団子を売り場に演出して売り出したり
焼きたて櫛団子を催事で売り出したりと
実をいうともう20年以上の付き合い。
以前の会社を退職して家業に入ってから
Hさんも車の仕事を始めて、そこからも
またお付き合い。
今も組合の仕事を一緒にするという実に
不思議なご縁。

「縁」って不思議なものです。大切に
していきたいと思います。
posted by カワサキショップ山梨 at 23:57| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿