2018年08月14日

星条旗よ永遠なれ!行進曲の定番だけど見どころいっぱい(^O^)/#店長の音楽談義

こんにちは。

今日までお休みをいただいています。
明日からまた元気にお仕事スタートです!
お盆休みいかがお過ごしでしょうか。

seijouki.png

店長のユウスケです。

吹奏楽といえば、行進曲。
僕が最も好きな行進曲といえば
「星条旗よ永遠なれ」。
演奏会のアンコールの場面で演奏することが
多かったかな。
元海兵隊の音楽隊長、ジョン・フィリップ・
スーザが1896年に作曲した行進曲。

アメリカのマーチ(行進曲)は行進するときの
歩き方が太ももを上げないで軽やかに歩くこと
から、テンポが少し早目です。逆にドイツや日本は
太ももをしっかり上げるので行進曲のテンポも
少し遅め。
これが演奏会のアンコールともなると、
指揮者も感極まっているのかもっとアップテンポに
なることが多いのがこの曲(笑
演奏する方も少し速いテンポの方が
ノリノリでいけるんでその方がいいんですけどもね。

最初の主題が始まると聴いてくれているお客さんも
手拍子で一緒に参加してくれます。
明るくてそれでいてアメリカらしく堂々とした
旋律は、気持ちも高揚してきます。
僕から見て、星条旗よ得永遠なれの見せ場は
トリオ(中間部のこと)の場面。
ピッコロがスタンディングして、すごく軽やかで
心地いい旋律を奏でてくれるところは
ピッコロ奏者のスターになれる一場面。
うらやましい〜♪

トリオが終わって、僕たちトランペットも
見せ場があります!HiB♭ を出す部分。
指揮者が顔を見てニコニコしながら
人差し指を上に向ける、しっかり吹けよって
いう合図。決まったときにはOKサインなんか
くれて、これも快感。

そして指揮者の指揮も見どころの一つ。
ステージ最後を飾る1曲になるだけのこと
あって、気持ちも高揚しているせいか、
指揮棒が回ることが多いんです(笑
もはや、拍子などとっていない・・・。

こんな面白さがたくさん詰まって、
アメリカらしさが表現されている
吹奏楽の定番行進曲、「星条旗よ永遠なれ」。
僕大好きな曲だったのでブログに
書いてみました(^O^)/
お休みの日の#音楽談義でした!!
posted by カワサキショップ山梨 at 11:32| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿

2018年08月13日

努力したら人並みになれるかも、って始めたブラスバンド(^O^)/

こんにちは。

今日と明日は連休しますね。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い
します(^O^)/

店長のユウスケです。

IMG_0515[1].JPG

僕が吹奏楽部へ入ったきっかけ。
そうです、今日のブログは僕のどうでもいい
お話なので興味なかったらスルーしちゃって
下さいね(笑

実はね、僕は大の運動オンチ。まったくといって
いいほど運動神経ゼロ。何をやってもドンくさい(笑。
親父殿からは中学へ入学するときに何にも
出来ないんだから、部活で少しはスポーツでも
やったらどうだ、って言われました。
そこで真剣に考えました。はい、この足りない頭で。

もともと運動オンチな僕はきっとスポーツの部活へ
入ってもただただ苦痛なだけで少しも楽しくない
だろうな〜、って思ったわけです。
吹奏楽部の部活紹介の演奏を聴いて、吹奏楽って
こんな素晴らしい響きを奏でるんだ、すごく感動
したのを今でも覚えています。
小学校の時の、ピアニカ、ハーモニカ、リコーダー、
でやった合奏とは大違いだったその響きに感動したんです。
そして、楽譜を読んだり、見たこともない楽器を
演奏できたら楽しそう、って考えたのと同時に、
こんな見たこともない楽器だったら、他の友達と
スタートラインは同じだと考えました。
つまり、スポーツだったらそもそも運動能力に
最初から差があるわけで、これでは同じ努力では
追いつけない、だけど吹奏楽だったら、努力した分、
こんなドンくさい僕でも楽しめるチャンスがある、
っていう単純な発想から入部したのがきっかけです。

「響き」っていうのは楽器を練習するときに
スゴク大切になるキーワード。
楽器に限らず、心に響くとか、余韻だったりとか、
日常でも大切にしていきたいですね。
今日の#音楽談義でした。
posted by カワサキショップ山梨 at 08:54| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿

2018年08月06日

影響されながら精進できることに感謝です(^O^)/「#店長の音楽談義」

こんにちは。

今日は月曜日、定休日です。
先週は鈴鹿8耐観戦ツアーのため
「#店長の音楽談義」はお休みしました。
今週は懲りずにまたまた音楽談義です。

IMG_0670[1].JPG

店長のユウスケです。

楽器の練習に欠かせないのが
メトロノーム。
一定のリズムを刻んでくれる機械です。
今ではすっかり電子式が主流になりました。
スマホのアプリでもあるくらい。

IMG_E0805[1].JPG

僕が中学生のころは、まだまだ電子式は
高価で普及してなかったので想い出
深いのはこの機会式。

IMG_E0804[1].JPG

♩=60 というテンポを表す記号。
1分間に60回きざむ速さで、という意味。
バイクのウインカーの点滅保安基準が
1分間に60回から120回、一定の間隔で、
という決まりなので音楽記号で書くと
♩=60 〜 ♩=120って感じです。

このメトロノームは、重りで動く振り子式
で、重りを上下することでテンポの速さを
変えていくというもの。そして機械式なので
傾きとか経年劣化で意外と正確でないことも
結構あったりします。

https://www.youtube.com/watch?v=zNQmJ3C-dos
※この動画オモシロイです!!

Youtubeの動画でも見ましたが、同じ
水平の台の上にいくつものメトロノームをおいて
作動させると最初はバラバラにテンポを
刻んでいたのが、徐々にそれぞれが同期して
ピッタリとテンポをそろえるんだそうです。
台に伝わった振動の反作用によって起きる
んだそうですよ。だから壁掛けの振り子時計、
3つくらい同じ壁に掛けるといつの間にか
ピッタリと同期するっていうから不思議なものですね。
この現象は17世紀には発見されていたんだそうです。

仕事でも人間関係でも、同じ目標を持った人たちは
互いに影響されてくることってありますよね。
影響されながら自分自身一人ではできなかったことが
スムーズにできるようになったりするのもこういう
影響のお陰かな!
息がぴったり合うようになる、なんて言うのもこういう
同期なんでしょうね。

僕の周りにもいい影響をくれる人たちがたくさんいます。
そんな関係性に改めて感謝です。
今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 09:00| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿