2018年05月20日

一時停止と信号機のカン違いって意外と多いらしい!!

こんにちは。

今日はお天気の良いバイク日和、
グッドライダーミーティングを楽しんで
いただきました!
ありがとうございます。

IMG_8983[1].JPG

店長のユウスケです。

交通機動隊の白バイ隊の方から
一時停止のお話と信号機のお話が
ありました。意外とカン違いしている人が
多いんだそうで。

IMG_8978[2].JPG

「一時停止」とはそもそも
完全に車輪が静止した状態でいったん停止を
して、左右の安全確認します。
このとき、交差する道路の安全(進行)を
妨げてはならないとあります。
完全に停止です。ご注意くださいね。
そしてもう一つ、交差する道路の進行を
妨げてはならない、とありますので、
一時停止の標識があるところで万一事故を
起こした場合、いくら止まったと言っても
一時停止していないと同じ解釈になるわけです。
これ、実際の事故でよくもめる話です。

IMG_8982[1].JPG

次に信号機。黄色信号についてのカン違い。
実際にあった話です。赤信号に右折可の
右青矢印信号のタイミングで直進レーンに
停止していたバイク。右折可の青矢印が
終わると黄色に変わって、再び赤信号に
なりますよね。この黄色に変わったタイミングで
直進レーンに停止していたバイクが発信
したことがあったそうです。当然
信号無視になりますが。
黄色い信号は基本的に「止まれ」です。
交差点に進入してしまっている状態、
後続車両の追突の危険がある場合に限って
注意して通過することが出来るそうです。

singo.jpg

と今日は、こんなお話をバイクの練習の
合間に聞くことが出来ました!!

参考までに…(誤解のないように)
黄色の灯火について
一 歩行者は、道路の横断を始めてはならず、また、道路を横断している歩行者は、すみやかに、その横断を終わるか、又は横断をやめて引き返さなければならないこと。
二 車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。

赤色の灯火について
一 歩行者は、道路を横断してはならないこと。
二 車両等は、停止位置を越えて進行してはならないこと。
三 交差点において既に左折している車両等は、そのまま進行することができること。
四 交差点において既に右折している車両等(多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両を除く。)は、そのまま進行することができること。この場合において、当該車両等は、青色の灯火により進行することができることとされている車両等の進行妨害をしてはならない。
五 交差点において既に右折している多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両は、その右折している地点において停止しなければならないこと。
※電子政府の総合窓口から引用
posted by カワサキショップ山梨 at 21:08| 研修参加や業界活動の投稿

2018年04月29日

「ブジカエル」は魔法の言葉、今日はいい経験が出来ました!(^^)!

こんにちは。

連休前の嫁入り支度を整えた
娘たちが無事に嫁いで行きました!
ゴールデンウィーク、いっぱい楽しんで
下さいね!(^^)!

IMG_8662[1].JPG

店長のユウスケです。

道志道でのマナーアップキャンペーンの
お手伝いに行ってきました。

「道志みち」を愛するバイク乗りの
福田修人さんを中心にボランティアの皆さんで
手作りのチラシを配って、ゴールデンウィークの
ツーリングの無事を祈って、ライダー一人一人に
丁寧に声掛けをして、素晴らしい活動だな、
感動しました。

IMG_8671[1].JPG

今回のキャンペーンは山梨県の交通政策課から
二輪車普及安全協会へ依頼があってAJ山梨として
僕もお手伝いに参加させてもらったんです。

IMG_20180429_0002.jpg

「道志みち」正直、二輪の事故が多い道路です。
みなさん無事に帰れるように安全運転で、って
声掛けさせてもらうとライダーの皆さんから
「ありがとうございます」って言われて
バイク乗りってやっぱりこういう信頼関係というか
繋がりが出来るところがすばらしい!

IMG_20180429_0003.jpg

二輪業界に携わっている業界人も
一生懸命活動しないといけないですね。
チラシに書いてあった魔法の言葉
「ブジカエル」いい言葉ですね。
ライダーの安全を心から願ったこのチラシにも
愛情を感じます。
素晴らしいバイク乗りの皆さんに
感謝です!今日はありがとうございました!(^^)!
posted by カワサキショップ山梨 at 18:51| 研修参加や業界活動の投稿

2018年04月24日

ファーストエイドは「落ち着いて」、訓練って大切なんですね。

こんにちは。

昨日のお休みは東京で日本二輪車文化協会の
会議と首都高ツーリングを楽しんできました!

IMG_8517[1].JPG

店長のユウスケです。

日本二輪車文化協会の基幹事業に
ファーストエイド講習があります。
日曜日のゆるふわライディングスクールの
あと午後から松岡先生をお招きしてファースト
エイド講習会が開催されました。
万が一あなたの周りの大切な人が
命の危機にさらされたとき、何が出来ますか?
こういう視点が大切なんだそうです。
救急車がくるまで待つところで20分だそうです。
救急救命は5分までの間が凄く大切で
それ以降は救命率がどんどん下がってしまう
ということでした。

IMG_8527[1].JPG

到底1回受講しただけではなかなか身につくもの
では無いので、機会があれば何回も受講する
ことがおススメ!
胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの操作、どれも技術が必要
だからです。

僕が印象的だったのは止血の講習。
実際の事故などの現場で出血しているのを
目の当たりにしたときに冷静でいられるかどうか、
一番はこれだと思います。
献血で400CCの採血をしたこと、経験ある方
多いかと思います。
凄い出血しているな、っていう現場でも
本当に出血している量は100CCくらいなんだ
そうで、そう思うと大丈夫だ、冷静になれ、
って思えるかも。
確かに僕も400CCの献血はしたことありますが
これといって具合が悪いこともなく、
普通に過ごせたことを思い出しました。
で、今回の講習ではトマトジュースを使用して
イメージを見ると言う訓練。

IMG_8528[1].JPG

足と顔、どちらも200CCのトマトジュースひと缶
なのですが、なぜか顔の方が重症に見えませんか?
こういう事をあらかじめ知っておくだけでも
冷静さを取り戻せるそうです。
そして落ち着いて「大丈夫ですか」って
声をかけてあげることがけがをされた方にも
凄い落ち着きをもたらすことが出来るんだそうで
これは大変勉強になりました。
ファーストエイドで大切なのは落ち着いて
冷静に対処できるように日ごろから訓練しておく
ということなんですね。
山梨でもこういう機会がありましたらまた
ご紹介させていただきますね!(^^)!

熱血派の松岡先生、今回も講習会ありがとう
ございました。
posted by カワサキショップ山梨 at 12:05| 研修参加や業界活動の投稿