2020年10月03日

秋の交通安全キャンペーン「ハヤ・ピカ・パット」!

こんにちは。
日本自動車工業会では、秋の交通安全キャンペーン
と題して、9/21〜12/31までハヤ・ピカ・パット」
というフレーズをスローガンに設定し、交通安全
啓発活動を実施することになりました。

秋の交通安全キャンペーンバナー (002).jpg

ゼネラルマネージャーのユウスケです。

この交通安全キャンペーンでは、二輪車に対しては
ヘルメットのあごひもをしっかり締める、
胸部プロテクタを装着しようという内容を
訴求していきます。

あごひもと胸部プロテクタは毎回スクール等でも
お伝えさせていただいていますので今回は
違った視点からこの運動をご紹介したいと思います。

ハヤ・ピカ・パットの「パット」、反射材についてです。
夕暮れ時から夜にかけて夜間は歩行者、自転車、
二輪車というのは自動車から非常に見えにくいもの
なんです。

こちらの動画をご参考にどうぞ!


自動車のヘッドライトで、目立たない黒っぽい服装の
歩行者を視認できる距離というのは約26mくらい
なんだそうです。
例えば、自動車が時速50kmで走行していると
します。
乾いた路面で急ブレーキをした場合、停止距離は
およそ25m弱ですので、視認できる距離が近いのが
いかに危険な状況なのかがご理解いただけると思います。

二輪車のヘルメットの後ろや、ブーツのかかと
などへの反射材がどうして有効かというと、
もっと遠くから自動車に自分の存在を認識してもらえる
という点で安全面から有効なわけなんです。

早めのヘッドライトの点灯、暗闇でのハイビームの活用、
反射材の活用がハヤ・ピカ・パットのスローガンですが
お互いの存在を早く気づいてお互いを思いやる
ということで交通事故防止につながります。

車やバイクはすぐには止まれないので早くお互いの
存在に気が付くことが大切なんですね。
ということで今日の知らせは自工会の
交通安全キャンペーンについてご紹介させて
いただきました。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 13:24| 研修参加や業界活動の投稿

2020年09月19日

9/21から始まる秋の交通安全運動、山梨県の重点項目は二輪車事故防止です!

こんにちは。
猛暑も終わって、今日から秋の4連休ですね。
ツーリングへお出かけの方も多いのではないかと
思います。安全運転でお気をつけて楽しんできて
くださいね。

BJJW4315.JPG

ゼネラルマネージャーのユウスケです。

いよいよ9月21日月曜日から10日間、
秋の全国交通安全運動が始まります。

山梨県の交通安全運動のスローガンは、
「乗せるのは 君の 宝 かぞく」 と
「その未来 あした」の2つ、スローガンを
目にすると気をつけなくちゃ、
また思い直したりしますよね。

注目したいのは、交通安全運動の重点項目です。

(1) 子供を始めとする歩行者の安全と
  自転車の安全利用の確保
(2) 高齢運転者等の安全運転の励行
(3) 夕暮れ時と夜間の交通事故防止と
  飲酒運転等の危険運転の防止
(4) 二輪車の交通事故防止(本県重点)

山梨県では二輪車の交通事故防止が
運動の重点項目として定められているんです。

秋の行楽シーズンを迎え、二輪車の交通量が
増えることから二輪車の交通 事故が予想される
ということで、二輪車運転時の交通ルールの遵守と
正しい交通マナーの実践、
ヘルメットの正しい着用の徹底とプロテクター装着の励行、
など細かく規定を設けて二輪車の交通事故防止の
啓もうに当たります。

IMG_0207[1].JPG
※ホック式の胸部プロテクタはプラザアパレルの
ライディングウェアにも簡単に装着できます!


IMG_0208[1].JPG
※MA1ジャケットに装着するとこんな感じです!

ヘルメットの正しい顎ひもの着用、胸部プロテクタの励行は
ライダーにとってとても大切な部分になりますので、
普段からやさしくてカッコいいライディングをされている
ライダーの皆さんでぜひ共有していただけたら嬉しい限りです!

モーターサイクルを楽しむには
絶好の季節がやってきました。
優しい気持ちで仲間と一緒に楽しい時間を
共有したいものですね。

今日のブログでした。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 15:37| 研修参加や業界活動の投稿

2020年09月01日

今日は防災の日!「救援バイクやまなし」のご紹介です!

こんにちは。

9/1は防災の日ですね。
お店のある地区でも安否確認など
コロナウイルス感染防止をしながらの
防災訓練が行われました。

IMG_51515B15D.jpg

今日の防災の日にちなんで、
毎年甲府市総合防災訓練と秋の走行訓練などの
活動を行っている「救援バイクやまなし」の
ご紹介です。

阪神淡路大震災をきっかけに機動力の高いバイクで
ボランティアをしようという事で
赤十字の特殊奉仕団として平成8年に
日本赤十字社山梨県支部と二輪車安全普及協会が
中心となって結成されたのが救援バイクやまなしです。

毎年秋になると無線交信をしながら物資を輸送する
という訓練を日本赤十字の特殊奉仕団である
無線奉仕団の方々と一緒に実施しています。

山や谷が多い地形の山梨県、中々思うように
交信できないことも多く常にみんなで考えながら
少しずつ改善を重ねて走行訓練を行っています。

そして甲府市の総合防災訓練へも
この秋に参加をしています。

今年の甲府市防災訓練は11月15日日曜日ですが、
コロナウイルス感染防止の観点からどのような
参加の形になるのかまだ決まっていません。

モーターサイクル持ち前の機動性・走破性・省スペース性・
省エネ性などの機能をフルに発揮し、被災時にも
確実な交通手段としてその有用性は社会的に
再認識されております。

それをふまえ、このようなモーターサイクルの
優れた特性を活かして、今後いつ起こるとも知れない
災害に対して効果的に救援活動が出来るように
なることを目的に毎年活動をしております。

一緒に活動してみたいな、
と思ったらお店までお気軽にお尋ねくださいね。

防災の日ですので救援バイクやまなしを
ご紹介させていただきました。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 16:44| 研修参加や業界活動の投稿