2018年12月04日

すみません、普通の日記です!ちょっとだけチェーンの張りについて書いてみました(^O^)/

こんばんは。
今日から雨のお天気が続いて、
雨が終わると一気に気温が下がって
冬を迎える、そんな天気予報ですね!
ようやくニュースレター仕上がりました。
段取りが上手にできれば今週中に
発送できるかな♪頑張りますね(笑

IMG_2605[1].JPG

店長のユウスケです。

それにしても今日は暖かい日でした。
中古車のタイヤ交換作業があったので
久しぶりに作業してみたのですが、
チューブタイヤの交換作業はこれでいて
中々の重労働。
身体が熱くなる、熱くなる・・・(笑
冷たいドリンクが欲しくなった
珍しい12月でした。

IMG_2627[1].JPG

ホントは、チェーン、スプロケット交換まで
したかったんですけどちょっと手が回らずで
明日にします。

OFFロードのバイクと、ONロードのバイク
では、チェーンの張り方が違います。
今日はバタバタしていて写真が無くて
分かりにくいかもしれませんが
ONロードはサスペンションも硬く
OFFロードに比べるとあまり車体が
沈まないんですよね。
サスペンションが柔らかくてたくさん
車体が沈むOFFロードモデルは、
ゆるめに張ります。
ちょっとバイクのチェーンがゆるいかな、
って持ってきてくれるバイクでも
実は適正な張りだったりすることがあるので
分からなかったらお店まで乗ってきて下さいね。
ライダーの体重とかでも張りを調整しますので。
今日お伝えしたかったことは以上です。
ありがとうございました(^O^)/
posted by カワサキショップ山梨 at 20:44| バイクについての投稿

2018年12月02日

マフラが冷やされるとO2センサの異常を検知してFiランプが点灯することがあります!(^^)!

こんにちは。
いよいよ12月突入ですね。
明日から少しお天気がくずれたあと、
甲府の予想最低気温も氷点下に。
冬がやってきましたね。
寒いの苦手です(笑

IMG_2592[1].JPG

店長のユウスケです。

社外マフラに交換するとO2センサの
異常を検知してFiランプが点灯しやすい、
これから寒くなるとこういう症状多くなります。

IMG_2597[1].JPG

「Fiランプ、(エンジン警告灯)が
走っている時突然点灯して、普通に走れるんだけど
コンビに寄ったら消えたんだよね〜!」
こんなお話をよく聞きます。

100%というわけではないけれども、
社外マフラに交換しているバイクに多い
O2センサの異常をお知らせする警告灯であることが
多いです。

IMG_2596[1].JPG

社外マフラは純正品と比べて軽い、パイプの
金属も薄く作られています。
素材が薄いと走行中外気にパイプがさらされているので
意外とよく冷えるんですよね。
そうなんです、触るとやけどするマフラですが
気温が低くて寒いな、ってときには、走行中
結構な冷気がマフラに当たってマフラが冷えるんです。

そうするとO2センサも自然とよく冷えることに。

実は、このO2センサ、排気ガス中の酸素濃度によって
起電力に差が出るしくみで、この起電力によって
ECUがエンジンに供給されるガソリンと空気の量の
バランスを判断する、っていうセンサです。
ただ、このO2センサ、働く条件として
熱くないとダメなんですよね。
熱くないとうまく作動しないというセンサなので
走行中一気にマフラが冷やされるとECUが「異常だ!」
と判断してしまうのがFI警告灯の点灯の理由。

一時のことなので、コンビニによってエンジンを停止
させて、再始動するとリセットされて警告灯が消灯する、
こんな仕組みです。

以前にも紹介しましたが、Fi警告灯が点灯しても
走行できる状態だったら走行しても大丈夫です。
もし、ヤバい箇所の故障で警告灯が点灯している時には
そもそも走行できませんので。

カワサキのダイアグ診断機でFiランプが点灯する
原因を見ることができます。
気になったら一度カワサキ正規取扱店に
点検に出してみてくださいね〜(^O^)/
posted by カワサキショップ山梨 at 11:02| バイクについての投稿

2018年11月28日

Z900RSのハンドルバーを交換してみた(^O^)/後編

こんにちは。
すみません、明日は全国オートバイ協同組合
連合会の通常総会へ出席のためお店をお休み
します。
全国のバイク屋さんでお世話になっている人も
たくさん来ます。みなさん、お元気で御活躍の
ことと思いますがお会いできるのも楽しみです!

IMG_2541[1].JPG

店長のユウスケです。

昨日は、つい時間が無くてブログをサボって
しまいました。
そうそう、先日のブログの続きで、Z900RSの
ハンドル交換を実施して試乗してみました、
っていうお話です!!

今回使用してみたハンドルはPLOTの
エフェックスシリーズ。
ちょっとアップ目になって、絞りを2度
加えているという点がエフェックスハンドルバーの
特徴。
肩幅が無い僕ではノーマルのハンドルだと
腕が広がってしまって疲れてしまうので
思い切ってハンドルバーを交換してみました!

effex.jpg

図面で表すと上の写真のような感じの
ハンドルなのですが、写真で見ると次のような感じです。
左側2枚がノーマルハンドル、上から見たのと
後ろから見た感じが上下に載せてあります。
右側2枚がエフェックスハンドルバー。
ちょっと手前に引いて取り付けることで
ハンドルをフルロック(いっぱいまでハンドルを切る)
した状態でも腕に余裕がある感じにしてみました。

IMG_2563[1].JPG

外観はそれほど変わらないけど、
Uターンをしてみるとスゴクハンドル操作が
しやすくなりました。
こういう細かい操作をするときには
座る位置を前の方へシフトした方が操作しやすいことも
感じました。

あとは長距離ツーリングをしたときのライディング
で肩や腕が疲れないか、もう少しテストしてみたいと
思っていますけどね。

最近のバイクのハンドルバーの傾向はフロント荷重に
するためにハンドルを一文字のように絞りがあまりない
タイプのものが増えています。
僕なんかだと慣れないうえに運転技術のレベルの低さも
あって、ちょっと疲れちゃいます。
いろんな好みがあるかと思いますが、
ハンドルを切ったときに腕が突っ張らない、
ステップに立った状態からまっすぐ座って
自然に手を添えられるハンドルポジションが
いいのかな、って僕的には思っています。

ハンドルバーを交換するっていうのは
電気配線、ワイヤー、ブレーキホースの長さも
関係するのでなんでも交換できるってわけではなく
意外と難しい作業なんですよね。
全て手を加えようとすると金額もかなりかかって
しまうし、元の状態に戻せないなんてことも
あるんですよね。
そんなわけで簡単にはいかないんだけどできるだけ
自分が扱いやすくなるようにカスタマイズするのも
バイクの楽しみの一つですよ〜(^O^)/
今日のブログでした!
posted by カワサキショップ山梨 at 14:38| バイクについての投稿