2018年04月10日

巻き込み事故に合わないためにはあなたの存在を車にお伝えすることが大切です!(^^)!

こんにちは。

今日はいいお天気で風もなく、
穏やかな一日ですね。
花粉は相変わらずですが・・・(苦笑

IMG_8262[1].JPG

店長のユウスケです。

バイクの巻き込み事故について
これからのバイクシーズン、ちょっとしコツで
事故のリスクを減らせるんですよ〜!(^^)!

バイクの事故で意外と多いのが左折する
自動車に巻き込まれる事故。
よく聞くミラーの死角ってこんな感じです。
お店で実験してみました。
キャラバンの横にW800が止まっています。

IMG_8251[1].JPG

この位置関係だとミラーはこんな感じ。

IMG_8250[1].JPG

そうなんです、車の真横のバイクは
車に気付かれません。あなたの存在が
伝わっていないんですね。

で、ミラーに映る位置は実はここより後ろ。

IMG_8256[1].JPG

IMG_8254[1].JPG

わずかに見えますよね、この位置だと。

完全に姿が確認できるのは実はこんなに
後ろなんですね。

IMG_8258[1].JPG

IMG_8259[1].JPG

って言う事で巻き込まれないように、
車にあなたの存在を知ってもらうには
車の真横には行かないようにすること、
これがポイントです。
車に乗っている時も同じで、真横にいる
自転車やバイクはミラーに映らないので
左折するときには必ず車の真横を
目で見て確認するといいですよ。
お客様にご質問いただいた巻き込み事故に
ついてのブログでした!
posted by カワサキショップ山梨 at 16:11| バイクについての投稿

2018年04月08日

カウルやスクリーンを固定する「ウェルナット」の仕組みって??

こんにちは。

連日の黄砂や花粉で
車やバイクもすぐに汚れてしまいますね。
ついでに僕も肌荒れで顔のあちらこちらが
痒くなっちゃいました(笑
お風呂上がりのお手入れが大変です!

IMG_8244[1].JPG
※お店もカワサキグリーン一色です!!

店長のユウスケです。

カウリングやスクリーンをとめている
「ウェルナット」の仕組みについて
ご紹介します。
よくご質問を受けるので!!

ウェルナットとは

IMG_8242[1].JPG
※この黒い部品がウェルナットです。

こんな風にゴムの中にナットが入っている
部品のことを指します。
ここにボルトが入ってナットに締め付けられると
ゴムの部分がつぶれてカウリングや
スクリーンが固定できる仕組みです。

IMG_8243[1].JPG
※ボルトが閉まるとゴムがつぶれて
スクリーンやカウルを固定する仕組み!

IMG_8241[1].JPG
※こんな風にゴムが変形してスクリーンを
固定しています。


このつぶれた部分はゴムが変形しただけ。
だから、当然経年劣化します。
するとちぎれてしまったり、硬くなって
ぼろぼろになってしまったりと、
固定する機能を失うわけです。
カウルの継ぎ目にボルトを入れたら
ネジがバカになってしまって締まらない、
っていうのはゴムの劣化が原因であることが
多いんですよ。
そんな時は交換しかありません。

というわけで、このウェルナット、
カワサキのバイクには多く使われている
部品です。仕組みを教えて下さいって
よく訪ねられるのでブログで書いてみました!(^^)!
posted by カワサキショップ山梨 at 17:59| バイクについての投稿

2018年04月06日

シート加工もできます!意外と大切なライディングポジションについてのブログです!

こんにちは。

いよいよ桜の花も散ってきました。
卒業、入学、就職と新しいシーズンの
幕開けですね。今年も仕事にやりがいを
持って楽しんでいきたいと思います。

IMG_0279[1].JPG

店長のユウスケです。

シートの加工承ります!

最もお客様からの需要が高いのが
いわゆるあんこ抜き、シートを削って
足つき性を向上させるための加工。
シートを低くしてあげればある程度の
足つき性を確保することが出来ます。
しかしながら、ただ削っただけだと
実はあまり足つき性が変わらないことも
あるんです。
というのはシートの幅の問題。

IMG_8227[1].JPG
※ここの幅が重要!広いと足が広がってしまいます。

幅が広いと足の太ももが広がってしまい
地面までが遠くなってしまいます。

IMG_8230[1].JPG
※またがったときに太ももが広がると結果として足が届かないってことに

そしてあまり削りすぎてもシートが固く
乗り心地が悪くなってしまい
ロングツーリングでは疲れてしまうことも!
シートはなだらかにサイドを少し細くする
感じで削ってあげると足つき性が向上
します。

IMG_8226[1].JPG
※この横の部分を少し落としてあげるといいですよ♪

逆に、シートが低くて、ステップまでの
距離が短く、ライディングポジションで
足が窮屈になっていることもありますよね。
無理にひざが曲がりすぎたり、足首が
曲がりすぎても疲れてきます。
こんな方におススメしたいのがハイシート!
シート高を上げることでひざや足首の曲がりを
緩やかにしてあげることもできます。

IMG_8229[1].JPG
※膝や足首が窮屈だと疲れます!

サスペンションのリンクを加工してローダウン
した場合には、ノーマルのポジションと変化が
なく、車高そのものが下がるので足つき性も
向上させることが出来ます。
この加工はリンク式の1本サスのバイクに限り
できるんですけどね。

お店であまりシート加工もできますよ、って
お伝えしたことが無かったので
今日はブログに書いてみました。
色々とご相談いただければ、お力になれることも
あるかと思いますのでよろしくお願いします。
posted by カワサキショップ山梨 at 16:37| バイクについての投稿