2020年01月22日

足つき性の改善にはローダウンかな(^^♪

こんにちは。
いよいよ今度の月曜日、27日は
山梨県オートバイ事業協同組合の
通常総会です。
ほぼほぼ準備も終わってきて
本番を迎えるばかりかな!?

IMG_8440[1].JPG

店長のユウスケです。

最近のバイクはシート高が高いです。

CDPZ8417[1].JPEG
※2センチのローダウンでかかとまで
 足が届くように(^^♪


バイクは基本的に止まるときは左足をついて
止まると教わってきました。
右足はブレーキを踏んでいるし、
左側を走るバイクの右側は車が来るから
という理由です。
そんなわけで、足つき性といっても
左足が地面に届いてバイクを支えられれば
問題ない、こんな風に言われています。

先代の親父殿も身長は155センチくらいでした。
小さいし、足が届くバイクなんて全然ない
わけで、
「そもそもバイクなんて足なんか届かないんだ」
とよく言ってました(笑
それでいてよくまあ器用にバイクへ乗っていた
ものです。

そうは言っても足が届かないのは
とっても不安なもの。
つま先がやっと地面に届く、っていう程度
だったらわずか2センチだけど、この2センチ
車高を下げるだけで安心感はまるで変ってきます。

IMG_8437[1].JPG
※Ninja1000のローダウンはBEETの
 リンクプレートを使用しました!


リンク式のリヤサスペンション、バイクに
1本だけついている構造のバイクだったら
リンク比というものを変えるだけで
車高を下げることができます。
車種によってもリンクの形状が異なる
ため、交換部品はまちまちですが
よく言われるローダウンということを
してあげると足つき性に安心感が生まれます。

IMG_8438[1].JPG
※サイドスタンドも少し短く加工します。

もう一つはシートを削ってあげて
シート高を低くしてあげる、
これも結構有効な手段です。
シートを削るとどうしても座り心地が
固くなります。
削る加工をする際にゲル状の
低反発素材をシートレザーの下に
仕込んであげると座り心地も改善されます。

バイクの車高を低くする、シートを加工する
この2つで足つき性の改善もできます。

あとよく言われるのが
足が小さいため、ブレーキペダルや
チェンジペダルが上手く踏めない、
という悩み。
土踏まずでステップを踏んで
ブレーキを踏もうとすると、
つま先過ぎて力が入らないなんて
悩みもよく聞きます。
どんなふうに加工するのが
いいのか、只今研究中です。

ポジショニングを自分に合わせて、
なかなか難しいこともあるけれども
できるだけ考えて改善できるように
してあげたい、とりあえずはご相談くださいね。

今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 13:56| バイクについての投稿

2020年01月12日

W800のベベルギヤを交換してます(^^♪

こんばんは。
明日から17日金曜日までお休みします。
カワサキプラザ山梨オープンに向けて
システム研修へ行ってきます!!

IMG_8414[1].JPG

店長のユウスケです。

W800。見た目にも美しいシリンダが
直立したエンジン。
バーチカルツインといって
両方のピストンが同時に上下する
独特の味付けのエンジンです。

IMG_8420[1].JPG
※これはW3のエンジンです(^^♪

OHVのエンジンの雰囲気を
醸し出すベベルギヤシャフト。
実際にはOHCです。
ベベルギヤといって笠みたいな
形をしたギヤでクランクシャフトの
回転をカムシャフトに伝えています。

IMG_8417[1].JPG

このベベルギヤ、笠みたいな
形をしているため、かみ合わせを
合わせる作業が実はめっちゃ大変なんです。
縦方向にバックラッシュといって
ギヤ同士のガタつきを調整して
横方向にギヤの歯あたりを調整する、
この歯あたりの点検は何度も
カムシャフトを取り付けたり
取り外したりという作業が必要なんです。

しかも滅多に壊れることがないくらい
精密にできているため、
実をいうと僕らもこの作業は数回しか
やったことがないという現実。
慣れてないため恐ろしい時間がかかる
わけでして、自分自身に気合を入れて
集中して作業に取り掛かるように
しています(^^♪

完成まで気合を入れてかかります〜♪
今日のブログでした!
posted by カワサキショップ山梨 at 23:22| バイクについての投稿

2020年01月11日

20年前の納車の時の説明と今とずいぶんと変わってきた!!

こんにちは。
1/13、月曜日から
カワサキプラザのシステム研修のため
17日金曜日までお休みします。
ほぼほぼ1週間の休業ですが
よろしくお願いいたします。

店長のユウスケです。

20年前、新車を納車するときの
バイクの説明は、
ガソリンコックの使い方、
チョークの使い方、
エンジンを始動するときのコツ、
とエンジン始動一つとっても結構
難しい車種もあって
時間がかかったものです。

電子制御が増えて、
エンジン始動はボタン一つで、
ガソリンはメーターを見て確認して、
とすごく簡単で便利に。

昔と違って時間がかかる部分はメーターの
警告灯の種類の多さ。
モデルによっては左のグリップのスイッチ
でメーター画面が操作出来たりと
こちらの方は僕らスタッフも
納車整備の時に確認しています。
いやいや、なかなか難しいです!!

そして今やスマホと連動として
セッティングできるようになったりと
ここ10年で目まぐるしい進化を
遂げているバイクたち。

2020年、東京オリンピック開催。
色んな節目を迎える今年も新たな時代の
幕開け。これからのカワサキもまた楽しみです!
posted by カワサキショップ山梨 at 19:16| バイクについての投稿