2020年08月29日

久しぶりにデコンプとご対面(^_-)-☆

こんにちは。
今年の猛暑はお彼岸くらいまで
続くのでしょうか。
忙しい毎日ですが一日くらい高原へでも
ツーリングに行きたいな〜!!
バイクを買ってからますますそんな思いが
強くなってきました。

IMG_0062[1].JPG

ゼネラルマネージャーのユウスケです。

IMG_0063.JPG

久しぶりにシリンダヘッドを開けてみる
整備作業です。
興味深そうに部品を眺めているお客様から
「これ何???」というご質問です。

IMG_0064.JPG

エキゾーストのカムシャフトの左側に
ついているこの部品、オートデコンプです。
そう言われてみると、ここ最近でコンプを
見たことがありませんでした。
デコンプとは、デコンプレッションの略で
エンジンの圧縮を抜くための装置です。
エンジン始動時、ピストンが真上にある状態から
ちょっとだけ下がった位置、その位置から
始動してあげると掛かりやすいんです。
ただ、ピストンを真上の位置までもっていくのには
空気を圧縮していくため抵抗が大きくなるため
ピストンの移動に力を必要とします。
このためスムーズにピストンを真上の位置から少し下の
ところへ移動できるように圧縮を抜く装置が
デコンプです。

仕組みは簡単で排気バルブをカムの左側に
ついているカムでバルブを少し開くことで
圧縮を抜く機構です。

そして、エンジンが開店すると遠心力で
カムシャフトの左側の円盤が開き
デコンプ用のカムがへこみ、
ちゃんと圧縮するようになっています。

IMG_0065.JPG

IMG_0066.JPG

なかなか間近で見ることが少ないデコンプの
ご紹介でした!
posted by カワサキ プラザ山梨 at 17:48| バイクについての投稿