2020年07月25日

Ninja ZX-10R SEただいまショールームでご覧いただけます(^_-)-☆

こんにちは。
雨のお天気、3日目、明日のお天気予報
ようやく雨マークが消えたようですが
どうなることでしょうか!
4連休、モーターサイクルへ乗れなくて
がっかりされている方も多いのでは。
明日はモーターサイクルを楽しめるといいですね!

ゼネラルマネージャーのユウスケです。

IMG_9825.JPG

ショールームにNinjaZX-10R SE展示中です。
NinjaZX-25Rのコンセプトと同様、
「強さと優しさの共存」をベースに
誰が乗っても扱いやすく、速く機敏な
スポーツ走行できる、こんなモデルに
仕上がっています。

SEの特徴といえば、一つ目として
電子制御式サスペンション搭載ということ
でしょうか。

IMG_9822.JPG

IMG_9823.JPG

サスペンションの減衰力を電子制御することで
モーターサイクルの走行の状態や、路面の
変化に合わせて最適な走行をアシストしてくれる、
路面追従性なんて言いますが、マシンを操るにあたって
サスペンションの高い性能を発揮してくれます。

そして二つ目の特徴としては
マルケジーニの鍛造アルミホイールの採用です。
美しく切削加工され、仕上げにアルマイト処理を
施し、美しい造形をしながら、ハンドリング性能を
向上させてくれる逸品ですね。
ブレーキディスクの間から覗いてみると
スポークの美しさにうっとりします(笑。

IMG_9824.JPG

3つ目の特徴は、ガソリンタンクとタンクカバー
の部分に採用された「ハイリーデュラブルペイント」
です。この塗装、H2SXやVERSYS1000SEにも
採用されている塗装でキズを自己修復してれるんですね。
この塗装はガラスコーティングとの相性も良く
CR-1施工によって美しさをより長持ちさせてくれます。
部品で実験したことがあるんですが、爪で
強く塗装面を押して爪痕をつけても30分くらいたつと
消えてしまい、驚きました!

IMG_9820.JPG

このほかにもクイックシフターやスポーツトラクション
コントロール、サーキットでの最適なスタート時の
加速を得られるローンチコントロールモードなどを
搭載したハイグレードなスーパースポーツモデルです。

ML2004ZX1000-C1235.jpg

NinjaZX-10R、2004年デビュー当時も
大変な人気ですごいモデルが
デビューしたな、なんて思いましたが、
あれから16年、飛躍的な技術の進歩に
驚かされる今日この頃です。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 18:16| バイクについての投稿