2020年01月22日

足つき性の改善にはローダウンかな(^^♪

こんにちは。
いよいよ今度の月曜日、27日は
山梨県オートバイ事業協同組合の
通常総会です。
ほぼほぼ準備も終わってきて
本番を迎えるばかりかな!?

IMG_8440[1].JPG

店長のユウスケです。

最近のバイクはシート高が高いです。

CDPZ8417[1].JPEG
※2センチのローダウンでかかとまで
 足が届くように(^^♪


バイクは基本的に止まるときは左足をついて
止まると教わってきました。
右足はブレーキを踏んでいるし、
左側を走るバイクの右側は車が来るから
という理由です。
そんなわけで、足つき性といっても
左足が地面に届いてバイクを支えられれば
問題ない、こんな風に言われています。

先代の親父殿も身長は155センチくらいでした。
小さいし、足が届くバイクなんて全然ない
わけで、
「そもそもバイクなんて足なんか届かないんだ」
とよく言ってました(笑
それでいてよくまあ器用にバイクへ乗っていた
ものです。

そうは言っても足が届かないのは
とっても不安なもの。
つま先がやっと地面に届く、っていう程度
だったらわずか2センチだけど、この2センチ
車高を下げるだけで安心感はまるで変ってきます。

IMG_8437[1].JPG
※Ninja1000のローダウンはBEETの
 リンクプレートを使用しました!


リンク式のリヤサスペンション、バイクに
1本だけついている構造のバイクだったら
リンク比というものを変えるだけで
車高を下げることができます。
車種によってもリンクの形状が異なる
ため、交換部品はまちまちですが
よく言われるローダウンということを
してあげると足つき性に安心感が生まれます。

IMG_8438[1].JPG
※サイドスタンドも少し短く加工します。

もう一つはシートを削ってあげて
シート高を低くしてあげる、
これも結構有効な手段です。
シートを削るとどうしても座り心地が
固くなります。
削る加工をする際にゲル状の
低反発素材をシートレザーの下に
仕込んであげると座り心地も改善されます。

バイクの車高を低くする、シートを加工する
この2つで足つき性の改善もできます。

あとよく言われるのが
足が小さいため、ブレーキペダルや
チェンジペダルが上手く踏めない、
という悩み。
土踏まずでステップを踏んで
ブレーキを踏もうとすると、
つま先過ぎて力が入らないなんて
悩みもよく聞きます。
どんなふうに加工するのが
いいのか、只今研究中です。

ポジショニングを自分に合わせて、
なかなか難しいこともあるけれども
できるだけ考えて改善できるように
してあげたい、とりあえずはご相談くださいね。

今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 13:56| バイクについての投稿