2019年12月08日

プラザ店になってこんな課題へも取り組んでいきたい(^^♪

こんばんは。
1000RXのエンジンを降ろす作業、
想像していたより大変でした。
フレームの枠が狭くて、
知恵の輪のようにエンジンを傾けながら
おろす作業。
全身汗だく、久しぶりの体験です(笑

IMG_8148[1].JPG

店長のユウスケです。

5話に続いて紹介させてもらった
カワサキプラザへの転換への道のり。
たくさんの応援のコメントをいただいて
朝起きて皆さんからの応援に
驚きと感動でした。
ありがとうございます。
これからが本当の正念場ですが頑張ります。
まだまだ未熟ものですのでどうぞ
今後ともよろしくお願いいたします。

二輪業界にも高齢化、人手不足の問題は
徐々に深刻化しています。
組合活動をしていてつくづく感じることが
あります。

例えば、借金も終わったことだし、年齢も
年齢だからそろそろバイク屋を辞めよう、
こういうお声もよく聞きます。
分からないでもないんですが、
バイク乗りの方々に支えられて
生業としてきたバイク屋。
辞めてしまった後のユーザーさんはどこのお店を
頼っていけばいいの??
こういう疑問をたくさん感じるようになりました。

福井県の大先輩のバイク屋さんの社長さんに
「企業は存在し続けることが最も大切」
って飲み会の席で教わりました。

存在し続けていく、ここに高齢化や
人手不足の問題を解決していく糸口が
あるように思ってます。

カワサキの「プラザ」という販売形態も
こうした業界の問題を解決していくための
一つの手段になれるはず、
そんな思いも実はあったわけです。

魅力的、やりがいや生きがいを感じる仕事、
こうした環境づくりを進めていくことも
僕にとっての大きな課題だと思っています。
色々頑張らなきゃならないことが
たくさんありますが、これからも
よろしくお願いいたします。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 23:45| お店のことについての投稿