2019年12月05日

実はバイク屋という仕事が好きになれなかった最初の10年!第3部

こんにちは。
15日日曜日は
2019年最後のセーフティライディング
スクールです。
9:30〜15:00まで、旧園芸高校の
教習コースで開催です。
グーグルマップは「笛吹高校教習所」で
検索!!

P1000042.JPG

店長のユウスケです。

さてさて、20年前にバイク屋になってみると
色んな苦労がありました。
今日はそんなころのお話です。

バイク屋になったきっかけ第1部
バイク屋になったきっかけ第2部

実際に店の現場に入ってみると、同じ小売業と
タカをくくっていたが大きな違いがあり、
戸惑うことの連続。
売り物とお客様の預かりものの区別もつかなければ、
最後にお客様が支払う金額が全く分からず、
セールスしようと思ってもうまくいかない。
お客様との関係性もスーパーとはまた全然違う。
関係性が深いという感じで、どう接していいのかが
全くわからない。
そして、何より苦労したことが整備作業。
鉄とアルミの区別もつかないド素人が工具を
握ってバイクを分解する、今考えただけでも恐ろしい。
毎日のように父に怒鳴られる日々を送る。

kao0057300.JPG
※11年前のGTRの前で(笑

実はバイク屋になって1年目の冬は、経営的に
危機的な状況を迎え
経営上の事情や資金繰りとかにも苦労をしたが
現在の竜王のお店へ移転することでなんとか
お店を維持していくことができるようになった。

P2070285.JPG
※15年前のお店の風景

お店の経営も依然厳しい状況が続く中、
父ともそりが合わず、仕事に対しても、どうも意欲的に
なれない自分がいた。業界の集まる機会にも一切
出席することなく、今では考えられないくらい
殻に閉じこもった毎日が続いた。

仕事を好きになれなかった最初の10年。
苦労も多かったけど、
妻がお店を手伝ってくれるようになったり
カワサキのマネジメントトレーニングという研修を
受講したりして、ここから何となく僕自身
バイク屋さんとして楽しくなってくる時期に
なってきます。
次回はそんなお話で!!!
今日のブログでした(^_-)-☆
posted by カワサキショップ山梨 at 21:32| お店のことについての投稿