2019年11月17日

キーをONにするときにはアクセルグリップから手を放しておくといいんです、っていう理由について(^^♪

こんばんは。
明日は月曜日で定休日。
お休みさせていただきます。

XXTP0979[1].JPEG

店長のユウスケです。

バイクのスロットルボディには
ライダーのアクセル操作で開閉する
スロットルバルブと電子制御で
モーターで開閉するサブスロットルバルブ
とあります。



サブスロットルバルブはこんな風に
実に美しくスマートに作動しています。
きっとマニアックなメカ好きのあなたなら
この美しさにうっとりさせられてしまうこと
マチガイなし!!(笑

こうした光景が酒のつまみになったり
ご飯のおかずになったりと
もうここまで来たら・・・です(^_-)-☆

エンジン始動時に、キーをONにすると
バイクのECUがサブスロットルバルブの
全開と全閉を一度確認します。
さっきの動画みたいに。

この作動を邪魔しないように
アクセルグリップからは手を放して
おいた方がいいんです。
車種にもよるけど、サブスロットルバルブの
リンク機構と呼ばれる装置でメインのスロットルバルブ
も少し動かすことができる構造になってます。
アクセルグリップを手でしっかり押さえてしまうと
このサブスロットルバルブがうまく作動できず
エンジン警告灯が点灯することがあります。
もし転倒してしまってもキーを一回OFFにして
もう一度やり直せばOKですから、安心してくださいね。

何をお伝えしたかったかというと、キーを
ONにするときにはアクセルグリップを握りこまないように
してくださいね、っていうこと。
今日のブログでした!!
posted by カワサキショップ山梨 at 18:58| バイクについての投稿