2019年08月25日

通勤に使うバイクは暖機運転をおススメ!!

こんばんは。
明日は月曜日で定休日。
お休みいただきます!!
シリンダヘッド、バルブのすり合わせまで
やってきれいに組みあがりました(^^♪

IMG_6573[1].JPG

店長のユウスケです。

掃除する前の状態を写真に
撮ればよかったのですが、
夢中で掃除して写真を忘れました。
すみません。

シリンダヘッドにはバルブがついていて
カムシャフトで開いたり閉じたりしています。
ガソリンが燃焼するときには
圧縮するのでバルブは閉じた状態に。

バルブの周りにカーボンがたくさんたまると
バルブがしっかり閉じないため
圧縮することができなくなります。
そうなると具合が悪くなるのでこんな風に
お掃除の作業をして修理します。

カーボンがたくさんたまらないようにするには
どうしたらよいのか。
ズバリ、暖機運転です。
アイドリングが落ち着くまでちょっと待ってから
乗り出すだけでカーボンがたまりにくくなります。

原付の場合は特に。エンジンかけて
すぐに出発してエンジンが温まるころに
会社に到着、こんなパターンが一番カーボンが
たまりやすいんですよね。
原付はバルブがすごく小さいのでちょっとの
カーボンですぐにエンジンがかからなくなって
しまうってことも多いんです。

そんなわけでできるだけ暖機運転すると
いいんじゃないかな、っていうブログです。
今日もお疲れさまでした!!
posted by カワサキショップ山梨 at 21:53| バイクについての投稿