2019年06月10日

カワサキのイモビライザーの仕組み(^O^)/

こんにちは。
今日の月曜日は定休日。
明日は全国オートバイ協同組合
連合会の理事会出席のため
僕はお店を一日留守します。

IMG_5052[1].JPG

店長のユウスケです。

カワサキのイモビライザーシステム!

よくお問い合わせをいただきます。
そもそもどういう仕組みなのか。
簡単に言うとバイクを購入した時の
メインキー(スペアキーと合わせて
2つありますよね)以外のキーでは
エンジンを始動することが出来ない、
という仕組みです。

IMG_5070[1].JPG

ホームセンターなどでキーを複製しても
エンジンを始動させることが出来ない
ということ。

メインキーにチップが内蔵されていて
バイクのキーシリンダーと相互通信
してエンジンを始動します。

IMG_5071[1].JPG

ただ、複製されたキーでエンジンを
始動しようとするとセルモーターは
回ります。このときは赤いランプが点滅して
エンジンが始動しないようになっています。

もしキーを紛失したばあには純正部品の
ブランクキー(削っていないキーのこと)を
取り寄せて、キーを削って、バイクに登録する
作業が必要になります。

そしてもう一つ注意点。
セルフのガソリンスタンドで使うスピードパス
のような磁気信号が内蔵されているものと
一緒にキーホルダーにつけて使用すると
ときどきエンジンが始動しないことがあります。
イモビライザーの相互通信を邪魔しているようです。
これが始動できる時と始動できない時と
あるから厄介です。

イモビライザー昨日のバイクのカギは
単体で使用されることをおススメします。

バイクの電子制御も時代とともに複雑になって
進化しています。これからはスマホも連動して
もっともっと可能性が広がっていくんでしょうね。
なんだか楽しみです(^O^)/
今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 09:29| バイクについての投稿