2019年06月03日

「ピロ〜」と「ピオ〜」の違いについて(^O^)/#店長の音楽談義

こんにちは。
今日は定休日。先週は会議で出張だったので
久しぶりのお休み!!

IMG_4708[1].JPG
※先月のランチ!

店長のユウスケです。

5月も終わって6月へ。
夏休みに入れば吹奏楽コンクールの季節。
これからの練習が大変ですね。

11787286_694611140670130_881931583_n.jpg

吹奏楽の練習には、自分の音出しの
練習や譜面を練習する個人練習、
楽器ごとの各パートに分かれて音合わせを
するパート練習、金管楽器、木管楽器みたいに
大きく分かれて練習するセクション練習、
全体で演奏を練習する合奏と
練習のメニューがありました。

中でも合奏の練習は、指揮者の先生に
熱い指導をされながら練習を進めて行きます。

音楽の授業で合唱の練習をするときには
音楽の先生が実際に歌をお手本で歌って
くれたりしましたよね。
吹奏楽の練習でも指揮者の先生が
歌ってくれて熱血な指導をしてくれます。
こんな風に・・・。

「そこの3小節目の旋律は、ピローーーって
吹くんじゃない、ピオーーーーっだぞ。
何回言ったらわかるんだ!!」

音楽の専門用語なんてそんなにでてきません。
ほとんど先生オリジナルの擬音です(笑。
ピロー、ピオーの違いを吹きわけることは
至難の業。だけど、「ハイ、すみません」と
大きな声で言いながら頑張るのでした!
懐かしい想いでです♪
今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 09:00| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿