2019年01月29日

ウインカーはなぜ点滅するのか!!!よくお問い合わせいただきます(^O^)/

こんにちは。
今日はいいお天気ですね!
ようやく(実に半年ぶり)、
頭サッパリできました(笑

IMG_2980[1].JPG

店長のユウスケです!

ウインカーはなぜ点滅するのか!!!

ウインカーの回路にはウインカーリレーという
部品が接続されています。
「リレー」っていうのは簡単に言うと
電気で作動させるスイッチみたいなもの。
コイルの電磁石に電気を流すとスイッチが
磁力で作動します。
ただこれだけだと、ウインカーのように
点滅させることが出来ません。

IMG_2976[1].JPG
※Z900のウインカーリレーです!

そこで、電磁石のコイルに電気を流す部分に
コンデンサという電気を溜めては放出すると
いう事を繰り返す部品を取り付けています。

IMG_2975[1].JPG
※中に見えるのがコンデンサと抵抗です

コンデンサに電気をためている間は
コイルに電気が流れないのでスイッチはOFF、
コンデンサに電気がたまって放出すると
コイルに電気が流れてスイッチON。
こうしてウインカーは点滅を繰り返します。

鳥獣から畑を守るために作られた「鹿威し(ししおどし)」
を想像すると分かりやすいかも(^O^)/
竹筒の水がいっぱいになると竹筒が下がって
石にぶつかって「コンっ」って響きますよね。
そんな感じです♪

shishiodoshi.jpg
※ウィキペディアから引用しました。

自分でウインカーを交換するときによくお問い合わせ
いただくポイント!!
「点灯しっぱなしになった」「点滅が速くなった」
よくお電話いただきます。
交換する前は大丈夫だったのに、社外品のウインカーや
LEDのウインカーに交換したら正常に作動しない、
これは、ワット数があっていないためにおこる現象。

電気をためるコンデンサ。バイクの場合には電圧は
12Vなのでワット数が変わると回路を流れる電流の
量が変わってきます。しし威しと同じで水がたくさん
竹筒に入ると「コンっ」っていう音の間隔が速く
なるのと同じです。
電流の量が、リレーで設定されている量と変わってしまって
ウインカーの点滅の速さが変わってしまいます。
純正品のワット数に合わせる、LEDのウインカーを
取り付ける場合には専用のリレーも同時に取り付ける
ことでトラブルを回避できることがあります。

よくお問い合わせいただくウインカーリレーの
ブログでした(^O^)/
posted by カワサキショップ山梨 at 13:49| バイクについての投稿