2018年12月05日

ツイッター「#バイク屋リレー」おススメオイルはズバリOMEGA SP-2(^O^)/

こんにちは。
今日のツイッター・「#バイク屋リレー」は、
僕の順番。お題はおススメのオイルってことで
またまた楽しく投稿してしまいました!
OMEGAのTシャツで写真をパシっ(^O^)/

IMG_2628[1].JPG

店長のユウスケです。

スタッフシャツの下にはOMEGAの
ブルゾン、OMEGAのTシャツと
このエンジンオイルが大好きなのが伝わったかな(笑

そもそもOMEGAのエンジンオイルの
「SP−2」ってどんなオイルなの??
今時珍しい鉱物油、これがSP−2です。

昔のオイルは鉱物油がほとんど。
近年、化学合成油になって、エンジンの性能の
向上に伴って、オイルの性能も化学合成によって
ホントよくなってきたのが今の時代。
SP−2の説明の前に一言。鉱物油っていうのは
原油を精製してできるエンジンオイルで、水で
例えたらミネラルウォーターみたいなもの。
ミネラルウォーターで考えるとどこでどんな水質の
モノなのかが重要ですよね。オイルも同じです。
あまりきれいではない川で作った水はきっと
美味しくないだろうし、衛生的にダメだったら
飲み水には使えない。
エンジンオイルも同様で、鉱物油の場合には
どこで作られて、どんな性質なのか、
これによって鉱物油の性能は左右されるわけです。

大きく分けてパラフィンとナフテンっていうのがあって
パラフィンっていうのがエンジンオイルには性能が
良くってイイらしいですよ!

「SP-2」はパラフィン其油(水で例えたらきれいな水)
を使用したしモーターサイクル専用として闘発した高級
ミネラルオイルです。

IMG_2629[1].JPG

これに対して化学合成油は工場できちんとした品質で
人工的に作られるわけですから性能は安定しているし
安心してエンジンに使えるわけです。

鉱物油と化学合成油の違いは、他にもいろいろあるけれど
分子構造(オイルを細かくした時の最小の粒)の大きさ。
鉱物油は分子構造が大きい。だから化学合成油に
比べると少し重たくてエンジンの始動性には劣るかもしれない
けど、オイルのにじみや漏れがしにくい、品質劣化が
緩やかであったり、金属の保護性も高い。
このSP−2はパラフィン其油からできてるので
分子構造も大きくて均一で、熱にも強く、エンジンの保護性も
高いっていうのが売り!!
空冷のバイクや旧車なんかにはもってこいのオイル。


僕のお店でもこの「SP−2」を導入するときに
エンジンオイルにうるさい常連客の皆さんに試して
もらって色々とモニタリングしてみました。
これからも自分のバイクに使い続けたい、
そんなご意見をいただいたのでお店で販売することに
決定!
以来、たくさんのお客様に支持されてきた高性能
鉱物油のエンジンオイルです。

バイク屋さんによっておススメのエンジンオイルは
十人十色。それぞれの個性があってこだわりがあるもの。
今回のお題はそんなエンジンオイルがお題だったので
これからの投稿も楽しみです。
バイクショップをめぐりながらおススメのオイルを
聞いてみるのもオモシロイかもしれませんよ〜♪
今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 16:05| バイクについての投稿