2018年11月28日

Z900RSのハンドルバーを交換してみた(^O^)/後編

こんにちは。
すみません、明日は全国オートバイ協同組合
連合会の通常総会へ出席のためお店をお休み
します。
全国のバイク屋さんでお世話になっている人も
たくさん来ます。みなさん、お元気で御活躍の
ことと思いますがお会いできるのも楽しみです!

IMG_2541[1].JPG

店長のユウスケです。

昨日は、つい時間が無くてブログをサボって
しまいました。
そうそう、先日のブログの続きで、Z900RSの
ハンドル交換を実施して試乗してみました、
っていうお話です!!

今回使用してみたハンドルはPLOTの
エフェックスシリーズ。
ちょっとアップ目になって、絞りを2度
加えているという点がエフェックスハンドルバーの
特徴。
肩幅が無い僕ではノーマルのハンドルだと
腕が広がってしまって疲れてしまうので
思い切ってハンドルバーを交換してみました!

effex.jpg

図面で表すと上の写真のような感じの
ハンドルなのですが、写真で見ると次のような感じです。
左側2枚がノーマルハンドル、上から見たのと
後ろから見た感じが上下に載せてあります。
右側2枚がエフェックスハンドルバー。
ちょっと手前に引いて取り付けることで
ハンドルをフルロック(いっぱいまでハンドルを切る)
した状態でも腕に余裕がある感じにしてみました。

IMG_2563[1].JPG

外観はそれほど変わらないけど、
Uターンをしてみるとスゴクハンドル操作が
しやすくなりました。
こういう細かい操作をするときには
座る位置を前の方へシフトした方が操作しやすいことも
感じました。

あとは長距離ツーリングをしたときのライディング
で肩や腕が疲れないか、もう少しテストしてみたいと
思っていますけどね。

最近のバイクのハンドルバーの傾向はフロント荷重に
するためにハンドルを一文字のように絞りがあまりない
タイプのものが増えています。
僕なんかだと慣れないうえに運転技術のレベルの低さも
あって、ちょっと疲れちゃいます。
いろんな好みがあるかと思いますが、
ハンドルを切ったときに腕が突っ張らない、
ステップに立った状態からまっすぐ座って
自然に手を添えられるハンドルポジションが
いいのかな、って僕的には思っています。

ハンドルバーを交換するっていうのは
電気配線、ワイヤー、ブレーキホースの長さも
関係するのでなんでも交換できるってわけではなく
意外と難しい作業なんですよね。
全て手を加えようとすると金額もかなりかかって
しまうし、元の状態に戻せないなんてことも
あるんですよね。
そんなわけで簡単にはいかないんだけどできるだけ
自分が扱いやすくなるようにカスタマイズするのも
バイクの楽しみの一つですよ〜(^O^)/
今日のブログでした!
posted by カワサキショップ山梨 at 14:38| バイクについての投稿