2018年10月16日

ロードサービスで最も多いトラブルベスト3(^O^)/

こんばんは。
定休日明けというのは、
毎週のことながら、ドタバタで
忙しい!
とにかく気がつけば外が暗くなっていて
あっという間に一日が終わってしまいます(笑
秋のシーズン中ということもあって
たくさんご来店いただいています。
お陰さまで毎日楽しく仕事させてもらってます。
ありがとうございます!(^^)!

IMG_1286[1].JPG

店長のユウスケです。

ロードサービスで最も多いトラブルベスト3

ツーリングシーズン、ロードサービスで最も
多いトラブルがバッテリ上がり。次いでパンク、
その次にガス欠です。
僕のお店からかけつけるロードサービスも
実に8割がこの3つの原因によるもの。

バッテリの寿命は、おおむね、お客様の交換時期を
観察していると3年から5年が一般的。
5年使用できたら、ラッキーと思って交換した方が
無難です。
バッテリは鉛と希硫酸で電気を起こすもの。
鉛が硫化(電極に白い粉が吹いてくる状況)してくると
寿命になります。
最近のメンテナンスフリーバッテリは、
突然電圧降下するため、朝出かけるときには
大丈夫だったのに休憩していざエンジン始動、って
思ったらエンジンが始動できない、なんていう状況や
走行中、突然電圧降下してエンジンが停止すること
もあります。
硫化した鉛を再生して作られた格安バッテリは
しっかり長く使えるものもありますが、取り付け後、
2,3日でダメになってしまうものもありますので
注意が必要!
インジェクションのバイクは特に燃料ポンプが
作動しないまでバッテリが弱ってしまうと
押し掛けなんていうこともできません。

バッテリ交換のブログ
http://ks-yamanashi1.sblo.jp/article/179175880.html

次いでパンク、パンクは道路の左側を
ある程度ゆっくり走行した時に前輪で釘などを
巻き上げ、後輪で踏んでパンクするというメカニズム。
だからほとんどのパンクが後ろのタイヤです。
長旅のツーリングでは、すり抜けは極力避けることで
パンク防止になります。

リヤタイヤがパンクする理由のブログ
http://ks-yamanashi1.sblo.jp/article/182358150.html

ガス欠は、ガソリンをよくチェックして給油してもらえれば
OK。あらかじめどこで給油するのか、コースをきちんと
決めておくと、安全運転にもつながるし、トラブルも
少なくてすみます。

簡単なチェックで8割のリスクが回避できるわけで
他にもたくさんトラブルはあるけれどもまずは簡単な
ことからやってみるといいかもしれませんよ〜♪
今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 22:36| バイクについての投稿