2018年06月11日

童謡の秘密からモノの見方を探ってみました!やっぱり楽しく過ごしたいですよね!(^^)!

こんにちは。

今日の月曜日は定休日です。
そして、日本二輪車文化協会の
幹部会で東京の八重洲へ。
文化協会の会合は、色々と楽しい
お話が聞けるのでワクワクしています!!

IMG_9622[1].JPG

店長のユウスケです。

先月の19日に「世界一受けたい授業」を見ました。
ホントは怖い!童謡に隠された秘密、という内容。
歌のお兄さんの横山さんと大学の先生が歌に隠された
当時の背景と秘密の裏話を紹介してくれました。

小さいころから耳にしていたかわいらしい童謡。
こんな背景があったとは。
聴いたことがある内容もありましたが、
もう一度詳しく聞いてみると童謡の旋律が
悲しく聞こえてきたりもします。

たとえば、シャボン玉。

作詞家は野口雨情さん。

大正11年に発表されたシャボン玉。
子供が病気で亡くなることも多かった時代。
作詞家の野口さんの最初のお子さんは生後8日で
亡くなってしまったそうです。
続いての女の子、男の子も不幸にして
この世を去ってしまっています。

お子さんの命をシャボン玉が割れるという
歌詞に例えて作られた歌がシャボン玉なんだそうです。

歌詞は・・・。
シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで 壊れて消えた
シャボン玉消えた 飛ばずに消えた
生まれてすぐに こわれて消えた
風 風 ふくな シャボン玉とばそ

って聴いていると悲しくて切なくなってきたことを
テレビを見ていて思っていました。

話は変わって先日のツイッターの「#バイク屋リレー」。
あまり人には言えないひそかな幸せ、というお題。
夜な夜な事業計画を立てているときがひそかな幸せを
感じる楽しい時間。

IMG_9686[1].PNG

事業計画なんて、数値を並べて、そんなうまくいくはず
がないとか、こんなことやったってとか、
思いがち。だけど、計画は必ずその事業が「成功」
するように立てるわけで、計画立案中は
「成功」していることを想像しているんですね。
だから、旅行したいな、とかこれ欲しかったんだよな、
なんて楽しいことを想像しながらできる仕事なんです。
これが幸せを感じる要素。

話は戻って、童謡の隠された秘密というか時代背景を
知ることで、音楽への感情が変わります。
仕事でも、対人関係でも深く知る、見方を変えることで
苦痛だと思っていたことが実は楽しくなることが
多いんですよね。最近、ある人から教えていただいて
感じていることなんですが。

手紙を書くことが苦手で苦痛だったらいい万年筆を
買って、書くことそのものを楽しんでみる、
愛想の悪い人がいるお店でイヤな感情を持ったら
笑ってくれるまで通い続けてみるとか、
(フツーやらないか、笑)。

IMG_E8024[1].JPG

うまくいかなかったり、感情的になってしまう
ようなときには深呼吸して発想を転換して
楽しいことになるように努力してはいるものの
やっぱり人間ですから、ネガティブになっちゃうときも
あるんですが、そんな時にはストレス発散して
忘れてしまうのが一番ですよね〜!!
たとえば、バイクですがすがしい新緑を駆け抜ける
みたいなね。

という事でようやく「バイク」へつなげられた
今日のブログでした!!
posted by カワサキショップ山梨 at 08:00| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿