2018年06月07日

ラジエーターのリザーバータンクにはどのくらい水が入っていればいいのか!(^^)!

こんにちは。

お店の駐車場に行くときには
いつも氏神様の神社に挨拶して
車へ乗り込みます。
神社というのはなぜか素通り
出来ないんですよね〜!(^^)!

IMG_9663[1].JPG

店長のユウスケです。

ラジエーターのリザーバータンクに
水はどのくらい入っていればいいのか、
っていうご質問凄く多いのでブログに
書いてみました。

ズバリ、エンジン冷えた状態で
リザーバータンクに見えていれば
大丈夫です!!
LOWレベルくらいでいいですよ。

IMG_9664[1].JPG

リザーバータンクは、ラジエーターの水が
膨張した時にあふれた分を逃がし、水温が
下がってまた体積が小さくなると負圧の
力によってリザーバータンクからラジエーターに
水が戻る仕組みです。

このリザーバータンクに水をたくさん
入れると水温が上昇した時に
ラジエーターから膨張してあふれてくる
クーラントがリザーバータンクに入ってくるので
あふれます。凄い勢いであふれます。
だから、入れ過ぎには注意です。

逆にリザーバータンクに全く入っていない
という時、たいていは蒸発して無くなっている
ことが多いのでオーバーヒートしていない状態
であれば、それほど心配いりませんが
ラジエーターの中にしっかりクーラントが
入っているか点検した方がいいです。

IMG_9665[1].JPG

ラジエーターのファンが回らず、
エンジンが熱くなるとすぐにリザーバータンクから
水があふれたり、いつもラジエーターの水が
減っていたり、っていう時には、
故障です。修理が必要です。

ラジエーターキャップとか、
サーモスタットの役割についてはまた
次回に触れたいと思います。
以上今日のブログでした!!
明日も楽しんでいきましょうね〜!(^^)!
posted by カワサキショップ山梨 at 19:25| バイクについての投稿