2018年06月04日

「4」っていうのは意外としっくりくるんです!(^^)!店長の音楽談義♪

こんにちは。

今日は定休日でお休みです。
という事で僕は全国オートバイ協同組合
連合会の理事会へ出席のため東京へ出張です。
花のお江戸へ〜!!

IMG_7524[1].JPG

店長のユウスケです。

クラシック音楽といっても
色々年代で性格が違います。
そんなに詳しくないけど・・・(笑
6世紀頃、キリスト教のグレゴリオ聖歌が
クラシック音楽の始りで、16世紀ころになると
宮廷音楽としてオペラなんかが誕生しました。
音楽室に飾ってあるベートーベンやバッハ
この人たちは18世紀頃民衆に音楽が
広まった頃の作曲家。
20世紀になると近代音楽なんて言って
古典の枠にとらわれない、表現することを
重点に置いた楽曲が作られるように
なってきたそうです。

と前置きはさておき、平原綾香さんの
「ジュピター」、この歌、実は僕にとっては
かなり衝撃的でした。
学生の頃、ホルスト(イギリスの作曲家)の
組曲「惑星」結構好きでよく聴いてました。
中でも「木星」、壮大なというか自由を感じる
旋律が好きで落ち着いて聴くと言うよりも
聴いて元気をもらうって感じで聴いてました。
「惑星」は占星術でイメージされたものを
表現しているという事なので、なるほど
と思って聴いてました。
平原綾香さんの「ジュピター」は原曲の
3拍子を4拍子にアレンジして詞をつけて
います。メロディーのイメージは
また変わって伝わってきますが、
4拍子になるとこれまた、やっぱり日本人、
しっくりくると言うか聴きやすい。
バイクも4気筒って人気があるように
「4」っていうのは感覚的に
しっくりくるんでしょうか。

アレンジしてまたそこに新しい個性を
表現して自分らしさを出すなんて言うのも
素晴らしいな、と思う今日この頃でした。
勝手気ままな店長の音楽談義でした(笑
お付き合いいただきありがとうございます。
posted by カワサキショップ山梨 at 12:00| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿