2018年05月28日

定休日の音楽談義 第3弾

こんにちは。

今日は定休日でお休みしています。
とはいうものの僕は宇都宮へ
栃木県オートバイ事業協同組合の
総会へ出席しています。
今西さんのセミナー、2連チャンで
聞けてしまうというラッキーボーイ(笑

IMG_6968[1].JPG

店長のユウスケです。

今秋の音楽談義は
前回のブログからの本題、「ハ長調」
の「ハ」について迫っちゃいます。
「ハニホヘトイロハ」は絶対的な
音の名前、いわゆる音名、「ドレミファソラシド」
は相対的な音の名前、いわゆる階名という
もの。

前回の音名と階名のブログはこちらね
http://ks-yamanashi1.sblo.jp/article/183278115.html

ハ長調だったら、「ハ」の音を「ド」として
「ドレミファソラシド」で長調(明るい感じの)
でメロディーが構成されているということ。
だからト長調だったら「ト」を「ド」として
長調のメロディーを構成しています。

ト長調の場合、ピアノの楽譜だと
「ファ」のところに#(シャープ)が1個
ついています。トランペットだと「ファドソ」
のところに全部で#が3個楽譜に書いてあります。
これはピアノとトランペットのキーが違うために
譜面での#の数が違ってきます。

実はピアノ譜面を見たときに、
最初の#や♭の数とメロディーの最後の音を
みれば「○長調、○短調」が分かってしまう。
この話は文章で書くと長くなるので
また次回にしたいと思います。
これ僕らのころは中学校の音楽の試験に
出題されていました。今でも出題されるのかな、
興味あったらお店までおたずねだくださいね〜!
と今日もバイクに全然関係ない
勝手な音楽談義のブログでした。
お付き合い下さってありがとうございます(笑
posted by カワサキショップ山梨 at 12:00| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿