2018年05月19日

立ちゴケしてしまう4つのメカニズム!これを解消すれば立ちゴケのリスクは一気に減ります!(^^)!

こんにちは。

雨の予報が変わって、
昨日の夜中まで雨でしたが今日は
よく晴れてますね。
今年夏は暑くなりそうな予感・・・(笑。

IMG_8522[1].JPG

店長のユウスケです。

ゆるふわライディングスクールをぜひ
イベントでやってほしい、とのオファーを
いただきました。また詳細が決まったら
アップしますね。
今まで山梨で2回、八王子で1回開催して
そのたびにいろんなライダーの方々に
めぐりあえて、楽しんできました。
そして、オファーをいただけるまでに。
ありがとうございます。

立ちゴケが不安なあなたにおススメしたい
ゆるふわライディングスクールなんですが、
どうして立ちゴケ解消になるのかの説明が
無かったので今日はこれをブログに書いてみました。

立ちゴケのよくあるメカニズム

第1位 サイドスタンドがしっかりかかっていない
 スミマセン、これが最も多いんです。
 何回か確認しましょうね〜!(^^)!

第2位 ブレーキング時にバランスを失う
 フロントブレーキが強すぎて、フロントフォークが
 一気に沈み込んでしまう事でバランスを失って
 コケテしまう!!
 ゆるふわでは、丁寧に、安定したブレーキングの
 練習をやってます!急ブレーキの練習はここでは
 やりません!(^^)!だから怖くないですよ〜♪

第3位 エンストによる立ちゴケ
 突然のエンストによって、ビックリしてバランスを
 失ってコケテしまう!!
 エンストによる立ちゴケは実はこの「ビックリして」が
 ポイント。慌てるからバランスを失うわけで
 要は「ビックリ」しなければいいわけです(笑
 だから、クラッチが繋がるタイミングをゆる〜く
 ふわふわっと何度も練習します。
 エンストもあえてしてもらいます。慣れると
 ビックリしなくなるんです。
 ここでは練習だからエンストでコケルことはない
 んです。

IMG_2499.JPG

第4位 Uターン時にバランスを失って立ちゴケ
 これも多いんですね。Uターンを上手にできる人って
 実は意外と少ないですよ。
 だから安心して下さい。出来なくたっていいんです。
 ゆるふわではまず足をつきながら大きい回転半径で
 とりあえず回ってみることからスタート。
 足ついていい、こういうスクール少ないと思います。
 ゆっくりゆっくり練習して慣れてくると
 あっ、できたっ、ってこともあるんです。

IMG_2481.JPG

こんな原因をひとつずつ解消していくために…。

エンストや立ち転けの不安解消につながる丁寧な
クラッチミート&コントロールの練習をします。

回転半径を定めないUターンの練習をします。

アクセルON/OFF時の車体挙動に慣れるとともに
安定的な運転姿勢を保つ練習をします。

AB196307.JPG

どのセクションにおいても不安感があれば
両足を着いて練習してもいいんです。


っていうスクールをモータージャーリストの
KAZU中西さんと東京の指導員の安川さんと
僕ら日本二輪車文化協会のメンバーが中心になって
やっています!

AB196408.JPG

ゆるふわライディングスクールについて
※申し込み先 カワサキショップ山梨まで
参加費用 ¥5,000-
開催日時 2018年6月17日 日曜日
開催会場 山梨県立笛吹高等学校大型機械研修農場
大まかなスケジュール(多少前後します)
9:00〜9:30 受付
9:30〜12:00 午前 講習 モグモグタイムあり
  12:00〜13:00 昼食・休憩 お弁当あります
  13:00〜14:30 午後 講習
  14:30〜15:00 ジャンケン大会 閉講式


お申し込みはこちらからどうぞ!!
お待ちしています!(^^)!
posted by カワサキショップ山梨 at 11:01| イベント(遊び)の投稿