2018年03月12日

いち早く停止できるブレーキングのコツについてお伝えしたい!!

こんにちは。
今日は定休日、お休みをいただいています。

IMG_7744[1].JPG

店長のユウスケです。

ブレーキは準備をしておくだけで
随分短い距離で止まれるって言うお話。


今日は旗振り当番、通学路へ立って
子供たちが横断するところで横断中の旗を
振る、よくある当番です。
元気にあいさつして見送っているだけで
癒されますよね〜!(^^)!

子供たちの列の横を通ったり、
いかにもわき道から自転車や歩行者が
出てきそうな場所、あの車、もしかしたら
出てくるかもしれない、そんな状況は
車やバイクを使っていたら必ず遭遇する
シチュエーション。

こんなときは結論からい言うと
ブレーキに足を載せておいていつでも
操作できる状態にしておくだけで
短い距離で止まることが出来ますよ〜♪


ブレーキの操作は、ブレーキングの判断を
してからブレーキが作動するまでの時間に
約1秒を要します。
この1秒間はいわゆるノーブレーキの状態。
時速36kmで走行した場合、10メートル
進む計算です。この10メートルを空走距離と
いいます。

image116.gif

いつでもブレーキできる状態にしておくと
この空走距離がすごく短縮できるので
結果として短い距離で止まれるという理屈。

image115.gif

先が見えなかったり、ここ何かあったら
ヤバそう、ってときにはアクセルをオフにして
ブレーキできる準備をしておくと
事故のリスクを減らすことが出来ます。
すごく簡単なのでぜひやってみてくださいね!(^^)!

今日の旗振り当番でふと思ったブログでした!
posted by カワサキショップ山梨 at 11:00| バイクについての投稿