2017年09月30日

アシストスリッパークラッチ、ちょっとした機構のご紹介。軽くて操作しやすいクラッチです!!

こんにちは。

今日は子供の運動会で
半日ちょっと休ませてもらいました。
どうもありがとうございました。
朝から家じゅうで大忙しの一日でした!

IMG_5081[1].JPG

店長のユウスケです。

Ninja250、Ninja650、Ninja1000、
VERSYS-Xに搭載されている
アシストスリッパークラッチって何??

そもそもクラッチというのはエンジンの回転を
ミッションに伝えたり遮断したりするもの。
レバーを握るとエンジンの回転はミッションに
伝わりません。逆に話すとクラッチが繋がって
エンジンの回転をミッションにつなげてくれる
仕組みです。

普通のクラッチはスプリング6本位を使って
クラッチ版を圧着してエンジンの回転を
ミッションに伝えています。

IMG_20170930_0001.jpg

ところがこのアシストスリッパークラッチは
このクラッチの中の斜めの溝がポイントで
エンジンの回転をミッションに伝えようとすると
ネジが締まるみたいになってねじ込まれるため
クラッチ版が圧着します。だから、その分
スプリングの本数を減らすことができて、
このクラッチには3本しかスプリングが入って
いません。

そうするとレバーが軽く操作できる、
エンジン回転に合わせてクラッチが圧着できるので
ちょっとスムーズ、なんて利点があるんです。
構造が簡単なため、故障もないのがうれしい。

本当はクラッチを外した動画でもあるといいのですが
簡単に説明させていただいた今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 19:30| バイクについての投稿