2020年09月22日

バッテリトラブル時のジャンピングの接続の仕方のご紹介です。

こんにちは。
台風の影響は今日の夜あたりから受けそうですね。
お気をつけてお過ごしください!

ゼネラルマネージャーのユウスケです。

これからのツーリングシーズン、バッテリの
トラブルでジャンプしてエンジン始動、と
いったこともあるかもしれません。

IMG_0169[1].JPG

そんな時に覚えておくと役立つ、
ジャンピングの時のバッテリの接続の仕方の
ご紹介です。

ちなみに3級整備士の資格試験問題にも
出題されているんですよ。

気になる試験問題はこんな問題です!

3kyumondai2.png

それでは手順をご紹介いたします。

【手順1】
バッテリが上がってしまった車のバッテリの
+端子に赤いケーブルをつなぎます。

【手順2】
次にバッテリ上がりを助けてあげる車(救援車)の
バッテリの+端子に赤いケーブルをつなぎます。

【手順3】
続いて救援車のバッテリのマイナス端子に
黒いケーブルをつなぎます。

【手順4】
最後にバッテリが上がってしまった車の
エンジン本体に黒いケーブルをつなぎます。

基本的にバッテリを接続するときには+端子から
接続します。車のボディはボディアースといって
マイナス端子が接続されているため工具などで
+の電気が流れる端子とボディを接触させて
しまうとショートしてしまいます。

これを防ぐためにバッテリの接続作業には
順序が決まっているんです。

だからバッテリを取り外すときには、
マイナス端子から取り外していきます。

バッテリ上がりの車のエンジン本体に黒い
ケーブルをつなぎますが、これはバッテリから
発生しているガスに引火することを防ぐために
このような接続の仕方をします。

ところが最近の車はエンジン本体にカバーが
してあったりして接続が難しいことがあります。

バッテリからもガスが出ないような仕様に
なっていたりするものもあるので、
そうした場合にはマイナス端子へ接続します。

最後の黒いケーブルをつなぐときに一瞬火花が
でますが落ち着いて作業してくださいね。

電気をショートさせてしまって救援車まで故障させて
しまうことがないように順序を覚えておくと
きっと役に立つときもあるのではないでしょうか。

バッテリは3年から5年くらいで寿命が来ます。
早めの交換でトラブルを回避することができますよ!

※問題の正解回答は(4)でした。

今日のブログでした!
posted by カワサキ プラザ山梨 at 17:43| バイクについての投稿

2020年09月20日

ご質問の多い「O2センサ」についてブログ書いてみました(^_-)-☆

こんにちは。
明日は月曜日で定休日のためお休みをいただきます。

4連休初日、たくさんのご来店ありがとうございました。
ゼネラルマネージャーのユウスケです。

今日は、O2センサのことでお客様から
ご質問をいただきましたのでご紹介させていただきますね。

O2センサは、排気ガス中の酸素の濃度を計測して、
モーターサイクルのECUへガソリンと空気のバランスが
適当なのか、そうではないのかの信号を送る仕事
をしています。

IMG_0210[1].JPG

ジルコニア素子というものを使っているのですが、
大気中の酸素と排気ガス中の酸素がセンサを通ると
酸素濃度の差によって0V〜1Vくらいの電気を起こします。

大気中の酸素濃度に排気ガスの酸素濃度が近い状態、
濃度に差がない時には、センサの発生する電気は
0Vに近くなり、この場合モーターサイクルのECUは
ガソリンの量が空気の量に対して薄いと判断して、
もっとガソリンを濃く噴出するように補正をします。

これに対して、大気中の酸素濃度に比べて
排気ガスの酸素濃度が薄い状態、濃度の差が
大きい時には、センサの発生する電気が1V近くなり、
モーターサイクルのECUはガソリンの量が
空気の量に対して濃いと判断して、
ガソリンの噴出量を少なくするように制御します。

こうして、エンジンの中でガソリンが適切に
燃えるように制御されるため、
排気ガスのクリーン化、低燃費化
できるようになっています。

O2センサがこのように働くためには、
高温であることが必要です。
ですから軽量化された社外マフラを
装着された場合に多いのですが、
雨天時や気温が低いときなど、O2センサが
走行中冷やされるとセンサが働かなくなり
ECUに故障の信号を送ることがあります。
メーターのエンジン警告灯が走行中に
点灯しますが、信号待ちや速度が低下したりして
O2センサが高温に戻れば警告灯も消灯します。
このような時は、故障ではないので安心して
モーターサイクルを楽しんでいただければと思います。

今日はO2センサの働きについて
ご紹介させていただきました。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 18:23| バイクについての投稿

2020年09月19日

9/21から始まる秋の交通安全運動、山梨県の重点項目は二輪車事故防止です!

こんにちは。
猛暑も終わって、今日から秋の4連休ですね。
ツーリングへお出かけの方も多いのではないかと
思います。安全運転でお気をつけて楽しんできて
くださいね。

BJJW4315.JPG

ゼネラルマネージャーのユウスケです。

いよいよ9月21日月曜日から10日間、
秋の全国交通安全運動が始まります。

山梨県の交通安全運動のスローガンは、
「乗せるのは 君の 宝 かぞく」 と
「その未来 あした」の2つ、スローガンを
目にすると気をつけなくちゃ、
また思い直したりしますよね。

注目したいのは、交通安全運動の重点項目です。

(1) 子供を始めとする歩行者の安全と
  自転車の安全利用の確保
(2) 高齢運転者等の安全運転の励行
(3) 夕暮れ時と夜間の交通事故防止と
  飲酒運転等の危険運転の防止
(4) 二輪車の交通事故防止(本県重点)

山梨県では二輪車の交通事故防止が
運動の重点項目として定められているんです。

秋の行楽シーズンを迎え、二輪車の交通量が
増えることから二輪車の交通 事故が予想される
ということで、二輪車運転時の交通ルールの遵守と
正しい交通マナーの実践、
ヘルメットの正しい着用の徹底とプロテクター装着の励行、
など細かく規定を設けて二輪車の交通事故防止の
啓もうに当たります。

IMG_0207[1].JPG
※ホック式の胸部プロテクタはプラザアパレルの
ライディングウェアにも簡単に装着できます!


IMG_0208[1].JPG
※MA1ジャケットに装着するとこんな感じです!

ヘルメットの正しい顎ひもの着用、胸部プロテクタの励行は
ライダーにとってとても大切な部分になりますので、
普段からやさしくてカッコいいライディングをされている
ライダーの皆さんでぜひ共有していただけたら嬉しい限りです!

モーターサイクルを楽しむには
絶好の季節がやってきました。
優しい気持ちで仲間と一緒に楽しい時間を
共有したいものですね。

今日のブログでした。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 15:37| 研修参加や業界活動の投稿