2020年06月17日

立ちごけの原因で最も多いのは「サイドスタンド」、今日はサイドスタンドのブログです(^_-)-☆

こんにちは。
週半ばの水曜日。週末の納車の準備を
次々と進めながら段取りを確認する、
週半ばのお仕事はおおむねこんな感じです。
納車を楽しみにお待ちいただいている
お客様のことを思うと、
僕たちも常に緊張してきます。
こればかりは20年やってても
全然変わらない緊張感ですね(^_-)-☆

IMG_9515.JPG

ゼネラルマネージャーのユウスケです。

モーターサイクルを倒してしまう、
いろいろな原因があるわけですが、
お客様から修理のご依頼をお聞きすると
倒してしまった原因で最も多いのが
サイドスタンドが外れてしまったという内容
なんですね。
実に7割くらいのお客様からのお話が
サイドスタンドなんです。
ということは、逆に言えばサイドスタンドを
気を付けていただければ6割から7割の
倒してしまうというリスクを回避できるということ
ではないでしょうか。

IMG_9517.JPG

ということで今日はサイドスタンドを掛ける
ポイントを2つにまとめてみました。

ひとつは、サイドスタンドを下ろしたらもう一度
足で軽く蹴ってみてスタンドがしっかり出ているかを
確認してみることです。

スタンドを掛けたつもりが最後までスタンドが
降りていないためにモーターサイクルから
手を離した瞬間に倒れてしまう、意外と多い
倒してしまう原因の一つなんですね。

そして二つ目は、下り坂方向に頭を向けるときには
必ずギヤを入れてモーターサイクルが動かないことを
確認してから確実にスタンドを下ろすということです。

下り坂で、ギヤが入っていないと、
スタンドを下ろしてもモーターサイクルが勝手に
進んでしまい、用事を済ませて自分の愛機の場所まで
戻ってきたら倒れていた、こんなお話もよく伺います。
ギヤを入れて、もうこれ以上モーターサイクルが前には
動かない、という状態を確認してスタンドを下ろせば
下り坂になっていても大切なモーターサイクルが
倒れてしまうことを防げます。

一見平たんに見える駐車場でも、雨水の水はけを
よくするために斜面になっていることが多いんです。
ツーリング先での休憩場所でもこうした確認を
しておくと安心ですね。

ということで今日はサイドスタンドをかける
二つのポイントについてご紹介させていただきました!
posted by カワサキ プラザ山梨 at 19:20| バイクについての投稿