2020年06月03日

久しぶりにハマった故障探求!

こんばんは。
今月の21日日曜日から
セーフティライディングスクールを
再開する予定です。
3月からずっと中止になっていて
寂しかった方も多いのでは。
新型コロナウイルス感染拡大の予防に
ご協力ください。

IMG_9378[1].JPG
※ただいま工場は非常に混んでいます。
お待たせしてしまいますがよろしくお願いします。


ゼネラルマネージャーのユウスケです。

今日一日、サービスマネージャーは
こんな感じで悪戦苦闘していました(^_-)-☆

スターターモーターは
キーをオンにして、ハンドルのボタン、
スタータースイッチを押すことで、スターターリレー
という部品に電流が流れ、リレーの中にある
マグネットスイッチがオンになって
バッテリの+端子からモーターの+端子へ
電流が流れて回るという仕組みです。
だからリレーが作動しているにもかかわらず
モーターが回らないというのはたいてい
モーターのブラシが減っていたり
モーターからクランクシャフトを回す
ギヤに異常があったりすることが多いんです。
(一番の原因はバッテリ上がりですが・・・)

IMG_9376[1].JPG

今回の修理もバッテリを交換したものの
モーターは回らず。
モーターを分解してみたけど特に異常もなく
端子の清掃作業をして再び組付け。
ただ、モーターを単独で回転させるとしっかり
回ってくれるのでモーターの故障ではないことが
判明しました。
こうしていろいろと調べているうちに、
配線にも異常がないし回路にしっかり電気も
流れているし、悩んだ挙句、ある結論に。

もしかして、アース不良・・・???

結局のところエンジンへのアース線が
接触不良のようで(アース線の接触不良というのは
いわゆる−端子がしっかり接続されていないと
いう状況と同じです)
ここを修理してようやく快調にモーターが回るように
なりました。

他の電気装置はしっかり作動していたので
エンジンのアース線接触不良の結論に達するまで
時間がかかってしまって、久しぶりに苦労したけど
なかなか達成感のある修理の一コマでした。

故障探求というのは実に奥が深く、
何年やってても飽きることがないっていうのが
この整備のお仕事の一つの面白みでもあったりする
わけでして。

今日も一日お疲れさまでした。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 21:47| バイクについての投稿