2019年09月14日

車間距離は自分の出してるスピードによって開けて走るといいですよって教わりました(^^♪

こんにちは。
いよいよ月曜日のミニろく参戦に向けて
トランポへ必要な荷物の積み込み。
今回も焼肉食べますので道具を忘れもの
ないように支度しないと・・・(笑

IMG_6820[1].JPG

店長のユウスケです。

交通安全講和の資料を整理していたら
以前警察の方から教えていただいた資料が
出てきて、もうずいぶん前になるけど
緊張しながら講和したことを思い出しました。
内容はというと・・・。

時速36km/hを秒速にすると
10m/s。3.6で割ってあげると
秒速が求められます。
時計の秒針がカチって進むと
10メートル先に進んでいます。

時速120km/hだと秒速33m/s。

何か危険だと判断してブレーキをかけるとき
「危険だと認知」→「ブレーキをと判断」→
「ブレーキを操作」してブレーキが利き始める
までの時間が約1秒といわれています。

時速36q/hで5メートル先の危険を判断して
急ブレーキをかけてもブレーキは利かず
ノーブレーキのまま衝突するということ。

車間距離を開けて走りましょう、っていうのは
速度に応じて適切な距離を保ちましょう
ということなんだそうです。

こうして秒速に換算してみるとスピードって
結構出てるんだな〜って感じますね!

kousoku.jpg

ここで参考までに。
高速道路では白いセンターラインが8m、
センターラインとセンターラインの空白が12m。
一般道はセンターラインと空白の区間はいずれも5m。
これを覚えておくと距離感がつかみやすいですね。
今日のブログでした。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 17:09| バイクについての投稿