2019年07月25日

ハンドルエンドを交換するときには慎重に、ネジが固いので要注意です(^O^)/

こんにちは。
いよいよ今週末は
鈴鹿8耐。
ちょっと事情で8耐の
V1カワサキ応援席チケットが
余っています。
12900円(税込)で
V2応援席でもらえる応援グッズ
引き換え券付き。
ご希望の方、ご連絡下さい。
代引きですぐに発送します。
(代引き送料等は当方で負担します)

IMG_6082[1].JPG

店長のユウスケです。

IMG_6097[1].JPG

気軽にカスタマイズの定番ハンドルエンド。
純正のハンドルエンドを固定しているボルトは
メッチャ固いです。
緩めるときは要注意です。

IMG_6083[1].JPG

特に多いのがこの+ネジ。
大きなラチェットに大きな+のビットを
取り付けて回します。
車両が動かないように、そして工具を
しっかり押さえて
2人掛かりのお仕事(笑

IMG_6094[1].JPG

社外品のハンドルエンドは
ネジの先にゴムの筒とナットがいます。
ネジを閉めるとゴムの筒がつぶれて
ハンドルパイプに固定されるという構造。
だからボルトを外してしまうと
ナットがポロリとハンドルの中に・・・。
ネジをある程度緩めたら引っ張り出します。

IMG_6096[1].JPG

大型バイクでは六角穴のボルトで
エンドを固定されているものもあります。
刃先がしっかりした六角レンチで慎重に
緩めるといいですよ。+ネジに比べて
作業がしやすいです。

IMG_6097[1].JPG

Ninja250SL、Ninja650、VERSYS-Xは
ハンドルエンドのボルトを緩めてはいけません。
ちょっと構造が違います。
ピンがあるのでロックを外してエンドごと
そっくり引っ張り出します。
これがまた固くてそうそう簡単には
外れません。
(正直この作業は好きじゃない・・・笑)

という事でハンドルエンドは気軽交換できる
カスタマイズと思われがちだけど
ネジを外すのがすごく大変なので
注意が必要です、ということをお伝えしたかった
今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 15:45| バイクについての投稿