2019年07月16日

雑誌にときどき掲載されるスクープのモデルの発売については実はよくわからないというブログです(^O^)/

こんばんは。
雨が続いていますね。
この陽気で中々整備完成後のバイクも
引き取りに来られない状況が続き、
ちょっとお店がバイクでいっぱいになって
いる状況です。
只今代車をご用意することができません。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い
します。

IMG_5742[1].JPG

店長のユウスケです。

Z900RSのニューモデルも発表されました。
雑誌では、250の4気筒モデルが表紙を
飾ってお店でもチラホラ話題に。

今日はこの雑誌にスクープされているモデル
について。

zasshi.jpg

日本国内で発売されるのか、それとも
されないのか。またまたたとえば国内で
発売されないにしても海外で発売されるのか。
いろんなご質問を受けますが、

ぶっちゃけて言うと・・・

僕ら正規取扱店には分からないんです。

お店に正式に知らせるのはだいたい
1カ月くらい前。中には事前に今年はこんな
モデルを発売します、っていう発表もあるけど
モーターショーで見てこれは発売されそうだ
これは発売されないだろうな、って勝手に
予測するだけなんです。

えーーーって思われるかもしれないけど
ホントの話。
僕らバイク屋さんも雑誌を見ながら
発売されるのかな、なんてワクワクしながら
発表を待つわけで、ユーザーの皆さんと
なんら変わらないんですよね。
今日はそんな雑誌に掲載される
スクープモデルのお話でした(^O^)/
posted by カワサキ プラザ山梨 at 22:32| バイクについての投稿

2019年07月15日

坦々麺が大好きだという理由について(^O^)/定休日のブログ♪

こんばんは。
日本二輪車文化協会の会合も
終わって無事に家に帰ってきました!
明日からまたお仕事頑張ります!(^^)!

店長のユウスケです。

IMG_5905[1].JPG

坦々麺、ゴマの風味たっぷりの濃厚な
スープに肉みそ、青梗菜、もっちりとした
太めのストレート麺。
山椒のキリッとしたパンチの効いた
香りに辛さと少しばかりの酸味、
実に複雑な味わいが絡み合った
僕が大好きなラーメン。

先日のバイク屋リレーでも投稿したが
お店の近所の「熱人」さんの坦々麺も
夏の食欲をそそる美味しい逸品。
少々夏バテ気味の時には
坦々麺のつけ麺まであるからありがたい。

IMG_3080[1].JPG

市ヶ谷の駅を降りてすぐの川沿いの
ラーメン屋さんの坦々麺も
中々の味わい。僕の大好きな
理想としている味わいが全て備わっている。
感動しました!!

なぜこんなにも坦々麺が好きかといえば
25年前に茅ケ崎にいたころ近所のラーメン屋さん
にあった坦々麺に出会ったのがきっかけ。
とにかく週に一度は必ず食べに行ったというくらい
ハマった坦々麺。
今でも時折無性に食べたくなり、
坦々麺のメニューを見るだけで
ついお店に入ってしまう。
出張へ出かけた時の唯一の楽しみ。

お店についてはまたツイッターで
ご紹介するとして今日は遅くなったので
寝ることにします。

ところで今日のブログの
タイトルは何にしようか・・・
坦々麺が好きな理由、これにしよう!
というわけでお休みなさい。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 23:45| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿

2019年07月14日

アンチダイブシステムって???

こんにちは。
梅雨らしい雨のお天気。
この時期はもっと暑かったような
気がしますが、涼しくて
落ち着いて工場の作業にも
取り組めます。
明日の海の日は月曜日なので
定休日でお休みします。
日本二輪車文化協会の理事会へ
出席してきます!!

IMG_5883[1].JPG

店長のユウスケです。

1980年代にフロントフォークに搭載されていた
アンチダイブシステム「ADS」。
もともとはレースで旋回性能を高めるために
フロントホイールを16インチにしたところから
(あっ、今のバイクはフロントもリヤもほとんどが
17インチのホイールです。16インチはホイールの
径が小さいんです)
急激なフロントブレーキ操作のときに
フロントフォークが沈み込んでノーズダイブ
(バイクへ乗っている人が前のめりに
なってしまうこと)を防ぐために取り付けられた
装置のことなんだそうです。

IMG_E5887[1].JPG

簡単に言うとフロントブレーキを急に握りこむと
フロントのサスペンションオイルの通路をふさいで
フロントが急激に沈まないようにする機構です。

なんと、カワサキが元祖!!

今ではサスペンションの性能もよくなって
フレームの形状とか細かい寸法の計算によって
旋回性能とか直進性能とかものすごく細かく
設計されるようになってきたので
この機構も無くなりました。
ホイールも基本的に17インチが定番。

この頃のバイクの16インチのタイヤも
販売されているものが少なくてタイヤが
選べなくなってきているんですね。

エンジンもそうですが、シャーシにかかわる部分も
技術の進化によって乗りやすく扱いやすく、
とバイク全体が進化しています。

時折こんな風に進化していく過程を垣間見るのも
感慨深いものがあるわけでして・・・。
バイクってオモシロイですね!
今日のブログでした。
posted by カワサキ プラザ山梨 at 19:51| バイクについての投稿