2018年11月12日

感動!京都橘高校吹奏楽部、ステージドリル(^O^)/#店長の音楽談義

こんにちは。
昨日は体調が今一ですっかり眠ってしまって
ブログ更新忘れてしまいました。
いやいや、面目ない、スミマセン。
体調といっても、口内炎で口が痛くて
っていう程度なんですけどね(笑

店長のユウスケです。

今日月曜日の定休日のブログは毎度おなじみ
「#店長の音楽談義」。
僕は出張の時電車の中でよくYOUTUBEを
見るんですけどね、たまたま目にしたのが
京都橘高校吹奏楽部。

もともと、吹奏楽は音楽教育の一環として、
また行進曲の演奏なんかで結成されたバンド。
だからマーチングも吹奏楽を語る上では外せない
というわけです。

式典などで入場行進を演奏するっていうことも
あるし、ステージドリルなんて言いますが、
フォーメーションを組んで演奏しながら
ショー的に見せるなんていうのもあります。

僕が中学3年生の時、かいじ国体開会式の
中で披露したマーチングはこのステージドリル。
フォーメーションの動きと音楽と身体の
きれいな動かし方と、とにかく覚えることが
いっぱいだし、体力も使うし、何よりも動きながら
楽器を演奏するっていうのは見た目以上に
ハードで難しいんですよね。

ここで話は戻りますが、京都橘高校吹奏楽部の
ステージドリルの素晴らしさに感動してしまった、
っていうのが今日のお話。
この橘高校吹奏楽部の映像を見ていると
僕なんかがやってきたマーチングはまだまだ〜って
感じですね。

オレンジのユニフォームで統一されて、
ポップな曲に合わせてフォーメーションに加えて
ステップやダンスまで組み込まれていて見ている
人達も思わず釘付けです。
よくこれだけのことができるものだな、その訓練と
言ったらきっとものすごい努力をされているのが
よく分かります。ホント尊敬しちゃいます。
全員が息が合ったフォーメーションと軽やかな
ステップにダンス。何よりもその笑顔が
とっても素敵なんですよね。
これだけのハードな動きにもかかわらず演奏技術も
かなり高い。
高校生になると、感受性も豊かになってくる
大人へ近づく成長過程にあるので、その演奏の表現力も
これまた感動的になるわけです。

※SING SING SINGの演奏
https://www.youtube.com/watch?v=W4UpOKMgR9Y

とにかく、スゴイ、あっという間に
橘高校吹奏楽部のファンになっちゃいました。
素敵な音楽をありがとうございます!!
posted by カワサキ プラザ山梨 at 14:23| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿