2018年08月02日

セルモーターが回らない原因ベスト5、もしかしたら自分でできるかも(^O^)/

こんにちは。

今日から出張してきます。
これから岩手へ向けて旅立ちます(笑
バイクラブフォーラムとCR-1
ファンミーティングへ。
筑波でお会いできたらうれしいです!!

IMG_0827[1].JPG

店長のユウスケです。

セルモーターが回らずエンジン始動が出来ない
原因のベスト5


ものすごく問い合わせが多いので
自分でも簡単に解決できちゃう可能性がある
ものをまとめてみました!!

第1位 バッテリ上がり

スタートボタンを押して、インジケーターが
暗くなって「カチっ」って音がするときは
ほとんどバッテリ上がりであることが多いです!
交換したばかりなのに、っていうことよく
あります。

第2位 キルスイッチ(エンジンストップスイッチ)

IMG_0831[1].JPG

ツーリング先で多いのがこれ。
誰かに押されちゃったり、ヘルメットをミラーに
掛けた時に押されてしまったりすることが多いです。
スタートボタンを押しても何の反応もない時、
ここを疑ってみてくださいね。

第3位 ギヤが入っている

IMG_0830[1].JPG

ニュートラルになっていない時にはクラッチを
握ってスタートボタンを。この時サイドスタンドも
払っておかないとセルモーターは回りません。
(年式によってちょっと仕組みが変わってきますが)

第4位 クラッチのスイッチの不具合


IMG_0832[1].JPG

3本線のクラッチスイッチ(カワサキの重量車に
多い機構です)の場合ですが、ときどき、このスイッチ
の接触が悪くなってセルモーターが回らない時が
あります。
スイッチ交換をした方がいいですが、出先でこの
不具合に合った時にはクラッチを握ってスタートボタンを
押せばとりあえずエンジン始動が出来ます。
クラッチのスイッチの配線をチェックしてみてくださいね。

第5位 スターターリレーの不良

IMG_0834[1].JPG

スタートボタンを押すとスターターリレーに
電気が流れて、マグネットの力でバッテリの
+線とセルモーターの+線を接続する仕組み。
このマグネットの接続の不具合でセルモーターが
回らないことがあります。
部品交換で修理が必要です。でも出先でトラぶったら
チョット危ないけど強引にセルモーターを回す
手段が無いわけじゃないです。
これはご相談くださいね。

これ以外にもいろんな配線の不具合やリレー、
ジャンクションボックスの不具合など色々あります。
どれも全部だめだったらバイク屋さんに出してみましょう!

今日はセルモーターのブログでした!
posted by カワサキショップ山梨 at 14:47| バイクについての投稿