2018年05月15日

「長調」「短調」の違いって??音楽の話です!(^^)!

こんにちは。

定休日明けの今日は午前中から
にぎやかな一日に!!
毎日ありがとうございます。
それにしてもいいお天気ですね〜。
週末は少し雨マークでしたが、
草津ツーリングは晴れてくれることを祈る
ばかりです。

IMG_8907[1].JPG

店長のユウスケです。

音楽の試験問題の質問を受けました!
ホントにバイク全然関係ないです。
そもそも長調、短調ってなに??
っていうご質問。
簡単に言うと
長調 明るい感じの曲
短調 さびしげな、悲しげな感じの曲
です。
コードで言うと長調がメジャー、短調が
マイナーです。
具体的に何が違うかっていうと
基本となっている音階が違うんです。

たとえば長調の場合、
ドレミファソラシド を基本にメロディーが
作られます。
メロディーは「ドミソ」で始まって「ド」で終わります。
短調だと
ラシドレミファソラ を基本にメロディーが
作られます。
「メロディーはラドミ」で始まって「ラ」で終わります。
キーボード「ドレミファソラシド」「ラシドレミファソラ」と
弾いてみると
長調が明るくて短調が暗い感じに聞こえますよね。
キーボードで見ると分かりやすいのですが
キーボードの白い鍵盤と黒い鍵盤の音の間隔を
「半音」といいます。黒い鍵盤を間にはさんで
白い鍵盤と白い鍵盤の音の感覚を「全音」といいます。
だけど「ミ」と「ファ」、「シ」と「ド」の間には
黒い鍵盤が無いため音の感覚は「半音」といいます。
長調のメロディーの基本の音階は
ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド
 全 全 半  全  全 全 半
という音の間隔になっている音階を使ってメロディーを
作るのが基本。
短調はというと
ラ シ ド レ ミ ファ ソ ラ
 全 半 全 全 半  全  全
という音の間隔になっている音階を使ってメロディーを
作るのが基本。

kenban.jpg

この間隔であればどの音から始めても長調、短調の
メロディーを作ることが出来るわけです。
鍵盤の「ドレミファソラシド」の音階を基本にしている
長調を「ハ長調」、鍵盤の「ラシドレミファソラ」の
音階を基本にしている短調を「イ短調」といいます。

というわけで次回がいつになるかわかりませんが
次回は「ハ」とか「イ」とかよくわからない
いい方がどんな仕組みになっているかをお伝えしたいと
思います。

僕の音楽談義でした。実はこういうの結構好きです(笑
posted by カワサキショップ山梨 at 20:38| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿