2018年05月22日

「セーフティドライブ、チャレンジ123」っていう交通安全キャンペーンのご案内です♪

こんにちは。

定休日明けの火曜日は決まって
たくさんの方が来店されます。
昔からそうでしたが、水曜定休のときは
木曜日、そして月曜定休になってからは
火曜日が忙しい、って感じです。
同じ平日でも火曜日はホント、たくさん
の方がお店へ来てくれます!
ありがとうございます。

IMG_8999[1].JPG

店長のユウスケです。

セーフティドライブ・チャレンジ123の
エントリーの受付が6/1より
始まります。

IMG_20180522_0001.jpg

5人1チームで、7/1から123日間
無事故無違反を目指してもらうキャンペーン。
参加費用は1チーム3150円。
達成チームにはクオカードや豪華賞品が
抽選で当たるオモシロイキャンペーンです!
参加された方全員に運転記録証明書と
SDカードが交付されます!

ちなみに僕は毎年エントリー。
職場や仲間の方とエントリーすると
話題になるし、こうした仲間との安全運転の
話題が実は交通事故減少につながっているという
事実。やっぱり口コミって凄いです。

IMG_20180522_0002.jpg

参加費が高いとか、色々ご意見はあるかと
思いますが、このキャンペーンで事故率、
違反率が下がっているのも事実で、
僕的には、スゴクおススメのキャンペーンです。

家族、地域、職域でチームを組んで
参加してみませんか??
申込書はカワサキショップにありますので
ぜひお気軽にどうぞ~!(^^)!
posted by カワサキショップ山梨 at 18:39| 研修参加や業界活動の投稿

2018年05月21日

「ハ長調」の「ハ」って何のこと??前回の音楽談義の続きです!(^^)!

こんにちは。

今日は月曜日、お休みしています。
体中が疲れちゃったので今日は
ゆっくり休みます。

IMG_8054[1].JPG

店長のユウスケです。

15日に書いた音楽談義のブログ。
http://ks-yamanashi1.sblo.jp/article/183235608.html
「長調」、「短調」について。ここで
ハ長調とか、イ短調みたいにカタカナで
表記される「ハ」とか「イ」ってどんな
仕組みで表記されるのか。
折角のお休みなので続きです。
興味ない方、ゴメンナサイ。

とその前に、そもそも「ハ」とか
「イ」 って何なのかってこと。
これは、音の名前「音名」っていいます。
「ドレミファソラシド」、これが「階名」って
いいます。何が違うかっていうと
鍵盤で見てみるとこんな感じ。

kenban2.jpg

鍵盤の「ド」の音のことを
「ロ」 といいます。
なんだ、日本語表記かって思いきや
実はちょっと違っていて、
「ドレミファソラシド」は楽器によって
キーが違っていて、たとえばトランペットと
ピアノの人に「ド」の音出して、って
お願いしてみると違う音が出るんです。
楽器によってキーが違うので、
「ドレミファソラシド」はキーによって
違う音になるわけです。
それに対して「ハニホヘトイロハ」は
絶対です。ピアノの人とトランペットの
人に「ハ」の音を出して、っていうと
同じ音を出してくれるわけです。
このときピアノの人は「ド」を弾き、
トランペットの人は「レ」を吹いているんです。

これが「音名」と「階名」の違い。
そして「ハニホヘトイロハ」というのは、
キーに左右されない絶対的な音の名前を
表しているんです。

という事で「ハ長調」とかの「ハ」の
意味が少しわかっていただけたでしょうか。
次回は本題に迫りたいと思います。
今日のブログでした!!
posted by カワサキショップ山梨 at 12:00| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿

2018年05月20日

一時停止と信号機のカン違いって意外と多いらしい!!

こんにちは。

今日はお天気の良いバイク日和、
グッドライダーミーティングを楽しんで
いただきました!
ありがとうございます。

IMG_8983[1].JPG

店長のユウスケです。

交通機動隊の白バイ隊の方から
一時停止のお話と信号機のお話が
ありました。意外とカン違いしている人が
多いんだそうで。

IMG_8978[2].JPG

「一時停止」とはそもそも
完全に車輪が静止した状態でいったん停止を
して、左右の安全確認します。
このとき、交差する道路の安全(進行)を
妨げてはならないとあります。
完全に停止です。ご注意くださいね。
そしてもう一つ、交差する道路の進行を
妨げてはならない、とありますので、
一時停止の標識があるところで万一事故を
起こした場合、いくら止まったと言っても
一時停止していないと同じ解釈になるわけです。
これ、実際の事故でよくもめる話です。

IMG_8982[1].JPG

次に信号機。黄色信号についてのカン違い。
実際にあった話です。赤信号に右折可の
右青矢印信号のタイミングで直進レーンに
停止していたバイク。右折可の青矢印が
終わると黄色に変わって、再び赤信号に
なりますよね。この黄色に変わったタイミングで
直進レーンに停止していたバイクが発信
したことがあったそうです。当然
信号無視になりますが。
黄色い信号は基本的に「止まれ」です。
交差点に進入してしまっている状態、
後続車両の追突の危険がある場合に限って
注意して通過することが出来るそうです。

singo.jpg

と今日は、こんなお話をバイクの練習の
合間に聞くことが出来ました!!

参考までに…(誤解のないように)
黄色の灯火について
一 歩行者は、道路の横断を始めてはならず、また、道路を横断している歩行者は、すみやかに、その横断を終わるか、又は横断をやめて引き返さなければならないこと。
二 車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。

赤色の灯火について
一 歩行者は、道路を横断してはならないこと。
二 車両等は、停止位置を越えて進行してはならないこと。
三 交差点において既に左折している車両等は、そのまま進行することができること。
四 交差点において既に右折している車両等(多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両を除く。)は、そのまま進行することができること。この場合において、当該車両等は、青色の灯火により進行することができることとされている車両等の進行妨害をしてはならない。
五 交差点において既に右折している多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両は、その右折している地点において停止しなければならないこと。
※電子政府の総合窓口から引用
posted by カワサキショップ山梨 at 21:08| 研修参加や業界活動の投稿