2018年04月24日

ファーストエイドは「落ち着いて」、訓練って大切なんですね。

こんにちは。

昨日のお休みは東京で日本二輪車文化協会の
会議と首都高ツーリングを楽しんできました!

IMG_8517[1].JPG

店長のユウスケです。

日本二輪車文化協会の基幹事業に
ファーストエイド講習があります。
日曜日のゆるふわライディングスクールの
あと午後から松岡先生をお招きしてファースト
エイド講習会が開催されました。
万が一あなたの周りの大切な人が
命の危機にさらされたとき、何が出来ますか?
こういう視点が大切なんだそうです。
救急車がくるまで待つところで20分だそうです。
救急救命は5分までの間が凄く大切で
それ以降は救命率がどんどん下がってしまう
ということでした。

IMG_8527[1].JPG

到底1回受講しただけではなかなか身につくもの
では無いので、機会があれば何回も受講する
ことがおススメ!
胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの操作、どれも技術が必要
だからです。

僕が印象的だったのは止血の講習。
実際の事故などの現場で出血しているのを
目の当たりにしたときに冷静でいられるかどうか、
一番はこれだと思います。
献血で400CCの採血をしたこと、経験ある方
多いかと思います。
凄い出血しているな、っていう現場でも
本当に出血している量は100CCくらいなんだ
そうで、そう思うと大丈夫だ、冷静になれ、
って思えるかも。
確かに僕も400CCの献血はしたことありますが
これといって具合が悪いこともなく、
普通に過ごせたことを思い出しました。
で、今回の講習ではトマトジュースを使用して
イメージを見ると言う訓練。

IMG_8528[1].JPG

足と顔、どちらも200CCのトマトジュースひと缶
なのですが、なぜか顔の方が重症に見えませんか?
こういう事をあらかじめ知っておくだけでも
冷静さを取り戻せるそうです。
そして落ち着いて「大丈夫ですか」って
声をかけてあげることがけがをされた方にも
凄い落ち着きをもたらすことが出来るんだそうで
これは大変勉強になりました。
ファーストエイドで大切なのは落ち着いて
冷静に対処できるように日ごろから訓練しておく
ということなんですね。
山梨でもこういう機会がありましたらまた
ご紹介させていただきますね!(^^)!

熱血派の松岡先生、今回も講習会ありがとう
ございました。
posted by カワサキショップ山梨 at 12:05| 研修参加や業界活動の投稿