2018年04月30日

キャブレータのオーバーホールが高くなっている理由!

こんにちは。
今日は定休日でお休みしています。
明日と明後日営業して3日から
7日月曜日まで連休します。

IMG_3445[1].JPG

店長のユウスケです。

昔と比べて、キャブレータのオーバーホールは
費用が高くなっています。

IMG_8170[1].JPG

バイクのキャブレータが無くなってもう
10年以上経っているような・・・。
今ではすっかりインジェクションが主流。
春の工場の風物詩ともいえるバラバラの
キャブレータが作業台に並ぶことが
すっかり無くなりました。

どのバイクのキャブレータも10年以上
経っているんですね。それが長い間放置して
中をオーバーホールするわけで、昔と比べて
劣化が激しくなっているのが費用が高くなる
原因です。
たとえば部品交換にしても、昔は
フロートバルブとチャンバのパッキンを交換で
あとはきれいに掃除すれば済んでしまう状態の
キャブレータが多かったんです。
ところが最近では経年劣化でスタータのプランジャや
フロート、フロートバルブ、燃料の通路の全ての
Oリングと本当にバラバラに分解して部品交換を
する必要性が出てきました。
ジェット類も腐食が激しくて交換なんてことも
多いんです。
ってことは、ほぼほぼ中身の部品をそっくり
交換して通路を清掃して、って感じになります。
当然部品代も高騰しているうえに交換点数も
増えるわけですから金額も上がってしまう、
そんな状況です。
昔はもうちょっと安かったよね、ってよく言われます。
はい、昔は3万円くらいで出来ました。
今は5,6万円くらいかかります。
それに加えて周辺の部品交換も必要になりますので
不動車を動かすには結構な費用がかかってしまいます。

IMG_8643[1].JPG

工場の春になると臭ってくるガソリンの腐敗臭、
これも今となっては懐かしい匂いなのかも(笑
posted by カワサキショップ山梨 at 10:00| バイクについての投稿

2018年04月29日

「ブジカエル」は魔法の言葉、今日はいい経験が出来ました!(^^)!

こんにちは。

連休前の嫁入り支度を整えた
娘たちが無事に嫁いで行きました!
ゴールデンウィーク、いっぱい楽しんで
下さいね!(^^)!

IMG_8662[1].JPG

店長のユウスケです。

道志道でのマナーアップキャンペーンの
お手伝いに行ってきました。

「道志みち」を愛するバイク乗りの
福田修人さんを中心にボランティアの皆さんで
手作りのチラシを配って、ゴールデンウィークの
ツーリングの無事を祈って、ライダー一人一人に
丁寧に声掛けをして、素晴らしい活動だな、
感動しました。

IMG_8671[1].JPG

今回のキャンペーンは山梨県の交通政策課から
二輪車普及安全協会へ依頼があってAJ山梨として
僕もお手伝いに参加させてもらったんです。

IMG_20180429_0002.jpg

「道志みち」正直、二輪の事故が多い道路です。
みなさん無事に帰れるように安全運転で、って
声掛けさせてもらうとライダーの皆さんから
「ありがとうございます」って言われて
バイク乗りってやっぱりこういう信頼関係というか
繋がりが出来るところがすばらしい!

IMG_20180429_0003.jpg

二輪業界に携わっている業界人も
一生懸命活動しないといけないですね。
チラシに書いてあった魔法の言葉
「ブジカエル」いい言葉ですね。
ライダーの安全を心から願ったこのチラシにも
愛情を感じます。
素晴らしいバイク乗りの皆さんに
感謝です!今日はありがとうございました!(^^)!
posted by カワサキショップ山梨 at 18:51| 研修参加や業界活動の投稿

2018年04月28日

バッテリ交換の大切な手順についてお伝えします!

こんにちは。
今日もいいおお天気ですね〜♪
ツーリングへお出かけの方も
多いんでしょうね。
楽しんできて下さいね。
安全運転で!!!

IMG_8624[1].JPG

店長のユウスケです。

ツーリングシーズン、出かける前や
出先でのトラブルでバッテリ交換
することがあるかもしれません。
バッテリ交換には手順があります!

お伝えしますね!(^^)!

取り外すとき
1.先にマイナス端子を外します。
2.次にプラス端子を外します。

取り付けるとき
1.先にプラス端子を取り付けます。
2.次にマイナス端子を取り付けます。


その理由

バイクや車の電気配線は、ざっくり言うと
マイナス極をフレームやエンジンに接続して
プラス極を配線で電気部品に接続しています。
たとえば社外部品のウインカー、線が一本しか
来ていない。これ、プラス線です。マイナスは
本体を車体へ固定することで配線完了って
なるわけです。よくフレームに配線が金属の輪で
ボルトで固定されているのはそういうこと。
要するに車体全体がマイナス極なんですね。

IMG_8636[1].JPG

取り外すときにプラス極から取り外そうとして
工具がうっかり車体に触れてしまうと一気に
ショートして火花が出て、ヒューズが飛んでしまったり
と電気系統に異常をきたすわけです。
そんな危険を回避するために、取り付け、取り外しには
順序があるんです。

ご自身でバッテリを交換される際には十分気をつけて
下さいね。
posted by カワサキショップ山梨 at 07:45| バイクについての投稿