2018年01月28日

グリップヒーターってどうなの??かなりおススメです!っていう事をお伝えしたいブログです!

こんにちは。

バイクに乗ると空気の冷たさを
肌で感じる今日この頃、
今日も元気なバイク乗りの皆さんが
お店にご来店くださいました!
いつもありがとうございます。

IMG_6895[1].JPG

店長のユウスケです。

真冬のライディングにおススメのアイテム、
グリップヒーター。
今のグリップヒーターはそれほど太くならず
目立たない設計になっています。
暖かさはどれくらいか、素手で缶コーヒー
握っているくらいの暖かさ。
もちろんグローブはめた状態で感じる
暖かさですよ。

信号待ちでエンジンの周りで手を温める、
こんな動作が無くなります。
ネックウォーマー、つま先のカイロなどを
組み合わせて防寒対策をすれば、
冬場の澄んだ空気から見えるバイクならではの
景色を楽しめると思いますよ〜♪

今日ブログでおススメするアイテムはキジマの
グリップヒーター。
左のグリップ部分にスイッチがあるので
操作しやすいしハンドル回りに邪魔にならないのが
メリット!!
暖かさの度合いもLEDで色が変わってくれる、
ちょっとメカチックでカッコいい♪

IMG_6896[1].JPG

IMG_6891[1].JPG

グリップヒーターの取り付けって、タンクやカウル
周りをそっくり外して、配線をしっかりとりまわして
電源を確保して、しっかりした接着剤でハンドルへ
固定して、と結構な手間仕事です。
なので、すぐにお取り付けが出来ませんので
ちょっとバイクをお預かりします。

真冬におススメ、グリップヒーターのご紹介でした!

posted by カワサキショップ山梨 at 15:51| バイクについての投稿

2018年01月27日

バイクのハンドリング性能はここの整備が大切です!

こんにちは。
週末の土曜日、たくさんの
お客様にご来店いただき、
楽しい時間を過ごせました。
いつもありがとうございます。

IMG_6869[1].JPG

店長のユウスケです。

バイクの足回り、タイヤ、チェーン、
サスペンション、ブレーキと乗り心地、
走りの性能を左右する大切な
個所ですよね。
今日はステアリングについてちょっとだけ
ご紹介です!!
ステアリングはハンドルの部分のことを
指します。ここには写真のような
ローラーベアリングという部品がついていて
このベアリングでハンドルが左右に切れる
構造。

IMG_6870[1].JPG

シャフトをフレームにとめるナットの
締め付け加減と、ベアリングのスムーズな
動きが重要になってきます。
この締め付け加減が緩いと、
ブレーキング時にハンドルにカツって
感じでガタが出てしまうし、逆に締めすぎると
ハンドルが自由に切れないし、おかしな
ハンドルの切れ方をしてしまいます。
ベアリングがさびついてきても同じような
症状が出てきます。
バイクは少しバンク(寝かせること)させる
だけでハンドルが自然に切れ込んでくるように
作ってあります。この自然の切れ込みを
セルフステアなんて言いますが、この動きを
邪魔してしまうとすごく乗りずらいし
曲がりにくい。だから、この部分の整備は
結構大切です。また、永く乗っているバイクだと
徐々に症状が出てくるので
意外と気づきにくいのも特徴です。
耐水グリスでグリスアップして
ベアリングの動きをよくして
適正な締め付け加減でナットを締めていく。
もちろんタイヤやチェーンもしっかり整備して。
これですごく乗りやすくなってきますよ。
と今日はもう30年近くお付き合いさせて
もらってる常連中の常連のお客様の
シーズンインに向けての整備をお手伝いして
思いついたブログでした!!
posted by カワサキショップ山梨 at 17:00| バイクについての投稿

2018年01月26日

僕なりのヘルメットサイズの選び方、僕の主観です!!

こんばんは。
冷え込みが厳しいですね。
風邪、インフルエンザが流行っています。
どうぞご自愛くださいね。

IMG_6856[1].PNG

店長のユウスケです。

今日のツイッターの#バイク屋リレーは
スタッフ愛用のヘルメット。
僕はSHOEIを被ることが多いんです。
実は僕の頭は後頭部がとってもでっぱている
いびつな形。
中々自分に合うヘルメットが無く、
ツーリングで2時間くらい走ると
頭に激しい痛みが・・・、なんてことが
しょっちゅうありました。
イベントの出展のときにたまたまSHOEI
さんのブースで頭の長さや頭位を計測して
もらってLサイズでサイド部分にパッドを
入れてあげるといいですよ、ってアドバイスを
いただいたので、Lサイズを購入。
ちょっとだけパッドを入れて、
頭痛が無くなった、というわけで。

ヘルメットのサイズ選びって本当に
難しい。まずかぶって、上下、左右に
するする動いてしまうものは大きすぎです。
頭の周りをメジャーで計測して
まずはサイズをきちんと選ぶ、
ゆるい場所を補強するのがいいかも
しれません。
頬の部分は少しきつく感じるかもしれませんが
頭をしっかりガードしなくては意味がないので
少しくらいなら許容範囲ですがこれも
人それぞれです。

頭の形も十人十色。そもそもジャストフィット
なんてヘルメットはオーダーメイドでなければ
ないと思った方がいいかも。
今持っているヘルメット、実にかぶり心地が
いいので、ずっと使っていたんですが、
考えてみたらもうかなり時が経過しています。
今年の春には新しいものに交換して
またバイクを楽しんでいこうと思っています!!
posted by カワサキショップ山梨 at 18:26| バイクについての投稿