2017年11月14日

バイクの重整備は冬の寒い季節にバイク屋さんへ預けてしまうのがいいという理由

こんにちは。

今日は雨が降っていて
富士山が見えない〜〜!!

IMG_5906[1].JPG

店長のユウスケです。

エンジンなどの重整備は冬場に預けてしまうのが
お得!!
エンジンの整備って気になるかと思いますが
たとえばシリンダヘッド。
吸気や排気、圧縮などをする大事なところ。
燃料に混ぜる添加剤でこまめにバルブの周りに
付いたカーボンを落としていますって方も
多いのでは。

IMG_1909[1].JPG

実際、シリンダヘッドにはガソリンの燃えた後の
カス(カーボン)が結構付着します。
バルブが当たる丸いこの面では、ガソリンと空気が
よく混ぜ合わさるように対流させたり、バルブが
閉じることで混合気を圧縮したり、スパークプラグで
点火したりと重要な役割を果たしています。
だからね、このカーボンを取り除いてきれいにして
あげるってすごく意味のあること。
これだけやってもエンジン性能は格段に向上します!

IMG_2915.JPG

めったにやらないステアリングステムのベアリングの
交換なんかもおススメ。
バイクはちょっとバンクするだけでハンドルが
めいいっぱい切れ込んできます。(セルフステアなんて
いいます)
この自然なハンドリングをいつまでも、という方に
おススメですよ。

IMG_4589[1].JPG

この他にも色々と重整備がありますが、
なんで冬場がいいかって?
冬の寒い季節、中々バイクへ乗ることが無いですよね。
暖かい春を迎えていざ、という時にエンジンがかからない
なんてことも多いかと。
バイク屋さん、基本的に冬は暇ですから(笑、
じっくり整備して暖かくなることおかえしする時も
エンジン一発始動、が可能なんです。
何しろお預かりしている間何らかの整備していますからね。
バッテリも充電できるし、整備もじっくりできるし、
こういう時期は狙い目ですよ。

IMG_6593.JPG

重整備はなんで冬場がいいのかってブログでした!
posted by カワサキショップ山梨 at 17:52| バイクについての投稿