2017年08月24日

ヒューズが飛んでしまうバイクの修理、電気回路の修理は割と好きです!!

こんにちは。

Z125PROも無事に完成!
絶好調です。またまた納車が
楽しみです。

IMG_4560[1].JPG

店長のユウスケです。

ヒューズが飛んでしまう、結構電話で
ご質問を受けます。
バイクの電気回路は、車体、エンジン部分の
金属の部分が全部マイナス極です。
ボディーアースなんて言いますが。
もちろん配線の部分にもマイナス極の
線があります。
そして各部分に並列回路で電気が流れています。
そうするとたとえば電気を付けたい場合
プラス極の線を一本ひっぱてきてマイナス極は
車体にとめてしまえば点灯できるため
簡単にすむんですね。

話を戻して、ヒューズが飛んでしまう場合、
テスタを抵抗レンジに合わせて、
どこの+線がマイナスと0オームになっているか
を探し出すのが基本です。

IMG_4561[1].JPG

各部分と並列回路になっているので
たとえばテールランプのヒューズが飛んで
しまう場合には、テールランプの系統の
配線を調べればいいわけです。

メインハーネス(車体にくっついている
大きな配線の束)とメインハーネスと
コネクタで繋がっている部品の配線とで
分けて調べると分かりやすいですよ。

電気回路は系統別、場所別に細かく分けて
考えると意外と発見が早いもの。

なんでもそうかもしれません、物事で
問題がある場合、分けて考えると意外と
解決策が見つかるのでは、うん、きっと
そうに違いない、と思う今日この頃。

今日のブログでした。
posted by カワサキショップ山梨 at 16:37| バイクについての投稿

2017年08月23日

初体験でした、このオートデコンパー。組み立てに苦労したのですが面白い構造だったのでブログでご紹介!

こんにちは。

また暑さが戻ってきました。
Z125PROのエンジンをいじって
楽しんでいます。

IMG_4548[1].JPG

店長のユウスケです。

このエンジンのピストンと
カムシャフトを交換したのですが、
Z125PROにはオートデコンパーが
装着されています。
簡単に言うとエンジンをかけるときに
ちょっとだけ圧縮を抜いて
クランクシャフトがグングン回るように
するための装置です。

kamusyahuto.jpg

カムシャフトの中にバルブを押すための
ピンとスプリングが入っていて
こいつを取り出した後、
なんとカムシャフト中でピンの向きを変えて
スプリングを収めるという説明書!!!

驚きました。そんなことができるのか、
しかも僕はもうかなり老眼なのに(笑。

IMG_4552[1].JPG

机に部品を並べて
いろんな道具をもってきて、
頭でイメージしながら説明書に書いてある通りに
やってみました。

できた!!完成です。
意外と思ったより簡単でした。
(でも本当は挫折しそうでした。笑)

IMG_4553[1].JPG

というわけで初めてみたカムシャフトに
ちょっと感動したのでブログでご紹介
させていただきました!!
posted by カワサキショップ山梨 at 17:29| バイクについての投稿

2017年08月22日

中間排気量のバイクってどうなの??って勝手な意見のブログです(笑。

こんにちは。

Ninja650のブルーが入荷しました。
このカワサキのブルーって結構
カッコいいと思いませんか?

IMG_4546[1].JPG

店長のユウスケです。

大型バイクの免許を取得できると、
バイクを選ぶ幅が広がります!!

大型バイクの免許だからと言って
400ccのバイクは買えない、
というわけではないので・・・(笑。

よくいう中間排気量クラス、
僕も結構好きなバイクのクラスです。

リッターバイクにはリッターバイクの
ハイパフォーマンスの良さがもちろん
あります。
では中間排気量というと、
パワーもそこそこ、車重も軽くて
バイクを取回すにもお手頃。
エンジン回転を上げながら
何となくバイクを操っている感を
得られるのが魅力です。

それでいて、ツーリングでも
ワインディングを楽しむには
もってこいの排気量がこの中間クラス。

Ninja650-2018.jpg

そんなわけで、W800やNinja650、
当店では人気の車種です。

DSC02506-600x400.jpg

勝手な意見の今日のブログでした(笑。

posted by カワサキショップ山梨 at 19:57| バイクについての投稿