2017年05月11日

不正改造車排除マニュアル、国土交通省より届きました。意外と知らない保安基準?

こんばんは。

CR-1ガラスコーティングも仕上がり、

いよいよ明日登録のZX-10R!!

IMG_2933[1].JPG

楽しみです。店長のユウスケです。

平成29年度版不正改造車排除マニュアル、

今年も配布されました。

IMG_2934[1].JPG

意外と知らない保安基準、ちょっとだけ

ご紹介します。

たとえばウインカー、点滅する速さは、

早すぎても遅すぎてもだめなのはすでに

ご存知かと思います。

輸出モデルに多いのですが

点滅が明るく、暗くを繰り返すものが

ときどきあります。これだと車検に合格

できません。完全に点灯、消灯を繰り返す

これが点滅になります。

そして、ヘッドライト。最近LEDヘッド

ランプが増えています。レンズとリフレクタ

によっては、不合格になるものが

意外と多いんです。

これについては、課題がたくさんある気が

しています。

そして後ろの反射板(リフレクタ)。

フェンダレスキットを取り付ける際に

リフレクタを買い忘れることもしばしば。

これも車検に合格できません。

IMG_2936[1].JPG

フルカウルのスクリーン。縁が丸く

加工されているかモールが装着されている

必要があります。社外品で売られている

切りっぱなしの状態では合格できないんです。

IMG_2935[1].JPG

マフラの音量は気にされて、しっかりと

車検対応品をつけらる方がほとんどですので

心配ありませんね。でも意外と細かいところで

知らないことが多いのも事実です。

不安になる個所がありましたら

お気軽にお問い合わせくださいね。
posted by カワサキショップ山梨 at 19:40| 研修参加や業界活動の投稿