2017年03月24日

女の子もライムグリーンが好きなんです!!

こんにちは。スタッフゆかです。

IMG_2181[1].JPG

みなさんはバイクへ乗るときのシューズは

どんなタイプのシューズを履いていらっしゃいますか??

私はずっとエルフのシンテーゼ13を愛用しております(*^_^*)

今履いているので2足目です!

IMG_2194[1].JPG

お値段もお手頃なところも好きなのですが

なんといっても履いていて楽チン♪

ストレスを感じないんです。

1足目は黒だったので、2足目はカワサキグリーンに

しよう!!っと思っていたら……

25cmからしかありませんでした(;一_一)あぁ〜

きっと女子だってグリーン履きたいはずです!(^^)!

IMG_2196[1].JPG

そして、シンテーゼに新しくシンテーゼ15(カワサキグリーン)

が4月上旬ごろ発売されますよ〜

elf.jpg

サイズは24〜28cmとなっており23cmの私は諦めます(笑)

こちらのシンテーゼ15は、24日の東京モーターサイクルショー

『elf footwearブース』に展示されるようです。

気になる方は、覗いてみてはいかがでしょうか(^.^)/~~~
posted by カワサキショップ山梨 at 20:50| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿

2017年03月23日

スタッフの残業研修!!夜こっそりいろいろと勉強中です。

こんにちは。店長の吉田です。

IMG_2149[1].JPG

サービススタッフには、国家整備士

資格をお店に入社してから取得してもらい

ます。初めから取得している方であれば

よいのですが、国家整備士資格は、

問題こそそれほど難しくないにしろ、

取得できる機会が限られているので

私のところでは入社してから取得して

もらっています。

IMG_2143[1].JPG

その間、OJT、外部機関によるOFFJTを

繰り返し、バイクのあらゆる機関を

体系的に覚えられるように訓練を

重ねていきます。

実は「体系的に」というのが非常に

大切です。「職人は黙って技を盗め」

という気質ももちろん大切なのですが

整理しながら体系的に覚えることで

後々故障診断が正確にできるように

なるんです。

先日のシリンダヘッドの整備が終わりま

したので今日はバルブタイミングを合わせ

ながら腰上を完成させていきました。

IMG_2144[1].JPG

バルブタイミングも、ピストンの動きを

イメージしながらマークで合わせることで

作業が効率よくできるようになるんですね。

いろいろと工夫をしながら、お客様の大切な

オートバイを大切に整備することを心がけて

おります。今日は、遅くなってしまいましたが

一生勉強なので仕方ないですね(笑。
posted by カワサキショップ山梨 at 22:49| お店のことについての投稿

2017年03月22日

春になるとバッテリ交換が増えます。棚卸して在庫を切らさないように、これから新しく注文します!!

こんにちは。店長の吉田です。

おかげさまでバッテリがよく売れていますので

只今在庫確認、注文中です!!

IMG_2136[1].JPG

春になると、いよいよバイクシーズン

開幕というわけで、いざ乗り出そうとした

ときにバッテリが上がってしまう、

なんてことがよくあります。

よくお客様からバッテリについては

お問い合わせをいただくので私が知っている

限りですがちょっとだけご紹介しますね。

IMG_2134[1].JPG

バッテリは、鉛と電解液(希硫酸)の

化学反応で電気エネルギーを発生させて

いるんです。もう少しだけ詳しく書くと

陽極(+極)には、二酸化鉛、陰極(−極)

には鉛を使っています。希硫酸と化学反応

すると、両極とも硫化鉛に化学変化し

マイナス側に電子が発生して電気が流れる、

簡単に言うとこれが放電状態です。

鉛が硫化して白い結晶になる(硫酸鉛)ことを

よく聞く「サルフェーション」といいます。

バッテリ.jpg

硫酸鉛はできたては柔らかく、充電することで

電解液によく溶けます。充電すると、

また元の状態に戻るため、放電と充電を繰り返して

使用できるというわけです。

ところが、放電状態が長く続き、硫酸鉛が

固くなってしまうと、もう充電しても

元の鉛と、二酸化鉛には戻れません。

「ちょっと走ったら今度は元気よくセルが

回ったのに、急にまたダメになった」なんて

いうお問い合わせをよく頂くのですが、

充電作業によって、この硫酸鉛が元の状態へ

戻ることがあるんです。しかし、すべてが

元に戻っているわけではないので、実を言うと

バッテリの内部抵抗が非常に高くなり、

あっという間に使用できない状態になって

しまうんですね。(鉛って不思議な物質です)


そのようなわけで、バッテリはよくもって

5年です。(うん、よく長持ちした、

誉めてあげてくださいね 笑)

また、メンテナンスフリーバッテリになって

から、走行中でも急に電圧が落ちてエンジンが

止まってしまうという事がよくあります。

そのようなわけで、最初の車検のときに

バッテリを交換されることをおススメします。

家庭用コンセントでバッテリの充電を

自動的に最適に管理してくれる機械も

あります。

0592f91b60990d19cb7e2d8879ea39fb.jpg

興味のある方、お店でお気軽におたずね

下さいね。



posted by カワサキショップ山梨 at 16:43| バイクについての投稿