2017年02月14日

冬場はシール類が固くなります。

冬の寒さでシール類が固くなることがあります。

固くなったところで動き出すとオイルが漏れることが

多いので、要チェックです。

フロントフォークを分解、清掃してみました!

IMG_1318[1].JPG

フォークオイルもかなり汚れてきます。

IMG_1326[1].JPG

各部品をきれいに清掃して、

ブッシング、Oリング、シール類を新品に交換!

フォークオイルを規定量入れたところで

エア抜きを行い、油面調整で仕上がりです。

IMG_1321[1].JPG

IMG_1324[1].JPG
最後にフォークの動きをチェックしますが

流石にオーバーホールすると

動きに粘りが出てきてとっても良い感じになります!!

IMG_1325[1].JPG
posted by カワサキショップ山梨 at 19:17| バイクについての投稿

2017年02月12日

アクスルシャフトのさびで苦労・・・

エキセントリック(アクスルシャフトの取り付けを

オフセットさせて、チェーン調整をしやすくしている)

と、アクスルシャフト、ナットがさびついて取れない

なんてことがよくあるんです。

IMG_1279[1].JPG

これは、エキセントリックがアルミで、

アクスルのナットが鉄であるため、イオン化傾向が

異なり、アルミの腐食が進み、腐食したアルミが

固着するためにおこる現象なんですが。

簡単に言うと、酸化しやすさが違っているので

腐食が進みやすい、って感じでしょうか。

仕方がないので浸透剤を使ってプレスで取り外し。

IMG_1288[1].JPG

きれいに磨いて、ここで登場、OMEGAの耐水グリス!

IMG_1285[1].JPG

この腐食を防ぐには異種金属接触面を絶縁すれば

OKなんですよ!!

IMG_1293[1].JPG

こんな感じで。これで次回のタイヤ交換は

取ってもスムーズになること間違いなしです!!

すみません、あわてて本で調べてあたかも知ってる風

に書いてしまいました・・・(笑。
posted by カワサキショップ山梨 at 13:28| バイクについての投稿

2017年02月11日

山梨県では鹿をブランド化を目指しているそうです

鹿についてのニュースです。
「シカの食害が問題となるなか、山梨県は、捕獲したシカの肉を特産品としてブランド化を進めようと認証制度などを検討することになりました。
県内では南アルプスを中心に6万9000頭のニホンジカが生息していると推定され、農作物や高山植物などを食い荒らす被害が問題となっています。
県は新年度、1万6000頭を目標に捕獲することにしていて、捕獲したシカ肉の一部を、県の特産品としてブランド化を検討することになりました。
具体的には、一定の衛生基準を満たした施設で処理されたシカ肉を認証する新たな制度を作るため、有識者による検討委員会を設けるということです。
また、県内の宿泊施設や観光施設にアンケートを行い、シカ肉を使った「ジビエ料理」への需要を調べたり、シカ肉を専門に処理する施設の整備を検討したりするということです。
県では、今年度の補正予算案におよそ550万円を計上し、「将来、安心安全な山梨ブランドのシカ肉を首都圏に売り込みたい」としています。 」
今日はなじみのお客様が大変多く来店され、こんな話題が上ったので載せてみました。
鹿の料理をふるまってくれるレストランなんかも山梨には多いので私も今度はぜひ出かけてみようと思っています。


posted by カワサキショップ山梨 at 19:26| 個人的な(バイク関係ないじゃん)投稿